ジャンボ尾崎が語った――遼、松山、オレのこと

合宿を共にするプロに囲まれながら、自身も鉄亜鈴を持って鍛錬。愛犬は、ずっとジャンボのそばにいた
合宿を共にするプロに囲まれながら、自身も鉄亜鈴を持って鍛錬。愛犬は、ずっとジャンボのそばにいた 【拡大】

1月24日に66歳を迎えた尾崎将司。この日も昨日までと変わらず汗を流していた。「今年は自分に期待をしているんだ!」というジャンボに、自身のこと、そして若手のことを聞いた。

「ボーッとはしていられない。楽しみがあるんだよ」

「若返りの薬が欲しいよ(笑)」

昨季、自身22試合目のカシオワールドオープンで予選落ちし、帰り際のジャンボ尾崎がつぶやいた。予選通過試合ゼロで終わったプロ43年目。

しかし、44年目に向かうジャンボの姿は、軽やかで力強く、そしてワクワク感に満ちていた。

誕生日の1月24日。気温4度の9時から、小山内護や河井博大、河野晃一郎、今井克宗ら男子プロと汗を流し始めたジャンボに話を聞くと、力強い口調で“期待”という言葉を何度も口にした。

――まだ寒い時季ですが、大変軽やかに動かれていますね。若返りの薬を見つけられたようです。

ジャンボ尾崎(以下、ジャンボ) ハハ、そうか? まぁ、ちょっとやることが見つかったんだよ。今までにない目的が見えてきたんだ。だから、12月から体を動かしている。ただ、キツすぎるのはやらない。オフは長いわけだから(国内ツアー開幕は4月18~21日の東建ホームメイトカップ)、キツイのをやると、どっかで副作用みたいなものが出てくるからね。そうすると、何もできなくなる。だから、少しずつ動くというのを維持していきたいし、動くことをシーズン中でも続けていきたいんだ。

大きく白い息を吐きながら、ジャンボは44年目に向けて動いている
大きく白い息を吐きながら、ジャンボは44年目に向けて動いている 【拡大】

――現在は体に目を向け、球を打ちだすのは、もう少し暖かくなってからですね。

ジャンボ いやいや、もう球を打っているよ。球を打つことに必要なものを見つけたんだ。新しい作戦でいく打法だな。これを自分で固めたかったから、早めに始動したんだ。そのためには、体だよ。いいスイング作りというのは、やっぱり体がないといけないわけだからね。

――ワクワクしているようにも見えます。

ジャンボ そうだよ。オレは、新しいきっかけや可能性を見つけると、早く自分のものにしたいという気持ちが強くなるから休めないんだ。休んでいるほうが疲れる。

――石川遼選手も同じようなことをいっていました。

ジャンボ そういうことなんだよ。新しい出合いを自分で意識できるようになると、ボーッとはできない。よりよい結果を出せるようにすることが必要。そのために必要なことは、やっぱり自分で探さないといけない。探している中で、今、これまでのプロ生活の中でもなかったことをやっている。これは、すごく期待が大きい。

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ