今週の藍ちゃん<HSBC女子チャンピオンズ>

先週からの好調をキープ。優勝争いには絡めなかったけれど6位フィニッシュ

取材・文/武川玲子

 

藍ちゃん自身の今季2戦目、HSBC女子チャンピオンズはシンガポールで開催。先週からの好調は持続して、優勝争いにこそ絡めなかったけれど、結果は6位とトップテンで終了しました。

 

初日はなんとなくスロースタート。でも上がり4ホールで4連続バーディを奪って69をマーク。3アンダーの7位に急浮上しました。

実はこの日、珍しいミスがありました。キャディのミックとのコミュニケーションです。10番パー4のセカンドショット。ミックが「6番アイアンは十分じゃない」って言ったのを「6番アイアンで十分だ」と藍ちゃんは聞き違えてしまいました。結果はこのホールをボギー。

ミックとのコンビは米ツアーに参戦する前からなので、もう8年になります。ミックは英国人で、英語だってキングスイングリッシュ。私が聞いても「???」なんてことよくあるから、藍ちゃんはすごいなーって思っていました。そんな慣れが招いた単純ミスだったのかもしれません。

「でもすぐに気持ちを切り替えることができた」

と藍ちゃんは、上がりの猛追に繋げました。

2日目も70をマークしたのですが、3日目に73と伸ばせなかったのが、惜しくも優勝争いに加われなかった要因でした。ピンポジションも難しくなかなかスコアが伸びない状況でしたが、藍ちゃんの体調も崩れていたのかもしれません。「暑さが敵」と言っていたタイに負けず劣らず暑かったのがこのシンガポール。最終日は38度の熱を出してしまいました。そんなことをまったく表に出さず、宮里美香選手と同組のプレーを楽しんだ藍ちゃん。でもよく見ると手には氷。頭を冷やしながらの懸命のプレーで5バーディ、2ボギーの69。通算7アンダーで6位に食い込んだのはさすがです。

「パッティングのフィーリングがよかったので、もう少し伸ばせたかも」

と悔しがる場面もありましたが、

「でもこの2週間は自信に繋がった」

とアジアでの2戦を振り返りました。

さて次戦ですが、藍ちゃんはこれから2週間のオフに入り、日本ツアー開幕戦のダイキンオーキッドレディスは残念ながら欠場です。きっと沖縄のファンはがっかりすると思いますが、これも今年の目標、メジャーで勝つためです。

1年を通じて体調をしっかり管理するためには、どこかで休まないといけません。日本のファンにとっては生の藍ちゃんが見られないのは残念ですが、そんな藍ちゃんにエールを送ってください。2週後はいよいよ米本土戦が開幕。今年の藍ちゃんは強いですよ。

 

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ