LPGAチームが4年ぶり5度目V 2位に4pt差の圧勝

4年ぶり5度目の優勝を飾ったLPGAチーム Hitachi 3Tours Championship(2019) 写真・村上航
4年ぶり5度目の優勝を飾ったLPGAチーム Hitachi 3Tours Championship(2019) 写真・村上航 【拡大】
<Hitachi 3Tours Championship◇15日◇グリッサンドゴルフクラブ(千葉県)>

国内の男子(JGTO)、女子(LPGA)、シニア(PGA)の3ツアーによる対抗戦「Hitachi 3Tours Championship」。大会は代表6選手がペアを組んで、ベストボール方式9ホール、オルタネート方式9ホールの2ステージを戦い、その合計ポイントで優勝を争った。

第1ステージを3.5ポイントの首位で終えたLPGAチームが、後半で3マッチ合計8.5ポイントを奪う猛攻を見せ、合計12ポイントで4年ぶり5回目の優勝を飾った。

2ndステージの第1組では申ジエ(韓国)、穴井詩コンビが3アンダーで単独首位。第2組でも上田桃子と小祝さくらペアが4バーディ・ノーボギーで単独首位フィニッシュを決めて、2マッチで6ポイントを獲得した。

第3組では鈴木愛&渋野日向子(LPGA)、今平周吾&石川遼(JGTO)、谷口徹&倉本昌弘(PGA)が対決した。鈴木&渋野ペアが単独首位で最終9番を迎えるが、渋野のティショットが池ポチャとなり、ボギーでフィニッシュ。それでもPGAチームと並ぶ4アンダー・首位タイでホールアウトして2.5ポイントを獲得し、2ndステージで8.5ポイントの“荒稼ぎ”となった。

【2ndステージの結果】
●第1組
1位:申ジエ&穴井詩 LPGA(-3)
2位:プラヤド・マークセン&タワン・ウィラチャン PGA(-2)
3位:ハン・ジュンゴン&パク・サンヒョン JGTO(-1)
●第2組
1位:上田桃子&小祝さくら LPGA(-4)
2位:チャン・キム JGTO(-2)
3位:秋葉真一&グレゴリー・マイヤー PGA(+1)
●第3組
1位T:鈴木愛&渋野日向子 LPGA(-4)
1位T:谷口徹&倉本昌弘 PGA(-4)
3位:今平周吾&石川遼 JGTO(-3)
※ポイント配分は1位から3pt、2pt、1pt。同スコアの場合は順位点を分け合う

【最終結果】
優勝:LPGA(12pt)
2位:PGA(8pt)
3位:JGTO(7pt)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・言い訳無用! 石川遼は女子の強さに完敗宣言「ショットに圧倒されました」

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ