千葉県出身の成田美寿々が地元へエールを送る

千葉県出身の成田美寿々がプレーで地元へエールを送る! 写真・上山敬太
千葉県出身の成田美寿々がプレーで地元へエールを送る! 写真・上山敬太
富士通レディース2019。ディフェンディングチャンピオンの成田美寿々は2アンダーで初日のプレーを終えた。台風15号、19号の影響により、停電や断水など大きな被害が出た地元・千葉県の現状に心を痛めている。成田の実家は幸い被害を免れたが、車で5分ほどの場所は台風19号による竜巻の通過点だった。

「(竜巻は)100メートルくらい通ったみたいで、サッカーゴールとかも飛ばされたそうです。ゴルフ場に行く道で、よく通っている道だったので、ちょっと信じられなかったですね」

成田は「地元のために何かしたい」と、今週の賞金を全額寄付することを決めたという。また、プレーヤーズ委員会で400個制作した「千葉へ届け!」というメッセージが入ったバッジを出場選手やキャディらが身につけ、エールを送っている。ちなみに、力強い毛筆で書かれた「千葉へ届け!」という文字は成田の直筆で、11月15日(金)に開幕する「伊藤園レディース」でも着用予定だという。
プレーヤーズ委員会が制作した400個のバッジ
プレーヤーズ委員会が制作した400個のバッジ
「バッジを作ったときは、千葉の被害がすごかったので、千葉に向けてみんなでバッジをつけて応援しようという気持ちで作りましたが、今回の台風で他のところも大変な思いをされているので、千葉だけではなくて、みんなで力を合わせて被災地に力を届けたい」と話す。

自ら制作したバッジだが、「私に力をください」と、身につけることで自身も力をもらっているという。
初日終了後に行われたチャリティじゃんけん大会 写真・佐々木啓
初日終了後に行われたチャリティじゃんけん大会 写真・佐々木啓 【拡大】
さらに初日終了後に行われた、LPGAプレーヤーズ委員会によるイベント「出場選手たちとじゃんけん大会」も成田が企画し、実現した。選手とのじゃんけん大会に勝ち残った人は、サインボールがもらえる代わりに寄付をしてもらうというものだ。

成田の呼びかけに賛同した、有村智恵、イ・ボミ、比嘉真美子、安田彩乃、柏原明日架、原英莉花の6選手が参加。この日は特別に出場選手全員のサインが書かれたサインボードのオークションもあり、大盛況のうちにイベントは終了した。

選手として被災地のためにできることを探りながら、プレーで勇気や元気を与えられたらと願う彼女たちの思い……「日本へ届け!」
左から安田彩乃、柏原明日架、成田美寿々、(落札者)、有村智恵、イ・ボミ、比嘉真美子、原英莉花 写真・上山敬太
左から安田彩乃、柏原明日架、成田美寿々、(落札者)、有村智恵、イ・ボミ、比嘉真美子、原英莉花 写真・上山敬太 【拡大】

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ