青木瀬令奈、コーチの推薦のパターが激ハマり!

青木瀬玲奈がツアー2勝目に向け好位置!
青木瀬玲奈がツアー2勝目に向け好位置!
CAT Ladies2日目。青木瀬令奈が5バーディ・ノーボーギーの「68」で回り、単独2位で明日の最終日を迎える。今季、優勝はまだないがトップ10入りが2回。約1900万円を稼いでおり、賞金ランキングも35位(8月24日現在)とまずまずだ。

今季の青木といえば、初日に好位置につけても、その後スコアを伸ばせず順位を下げている印象がある。データをピックアップしてみた(初日順位 →  最終順位)。

・ Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント 5位タイ → 26位タイ
・ ワールドレディス サロンパスカップ 8位タイ → 13位タイ
・ ほけんの窓口レディース 8位タイ → 20位タイ
・ リゾートトラスト レディス 10位タイ → 20位タイ
・ ヨネックスレディス 4位タイ → 20位タイ
・ ニチレイレディス 6位タイ → 48位タイ
・ 資生堂アネッサレディス 9位タイ → 36位タイ
・ ニッポンハムレディス 1位タイ → 24位タイ

本人はもちろんだろうが、周囲も同じような印象を抱いているようだ。今週のプロアマ終了後、親しい知人に「初日はいいんだけど、その後がちょっと伸ばせてないよね。今週は期待していますよ」と声をかけられているシーンを目にした。

「ショットは悪くないので、あとはパッティングだなっていうところです」(青木)

実際、グリーンの状態に合わせてパターを替えるなど、試行錯誤している。7月のニッポンハムレディスでは、高速グリーンに対応するためイン・トゥ・インのイメージでストロークできるピン型をチョイスしたが、結果は上記のとおり。

しかし、今週は少し様子が違うようだ。初日は強い雨風でスコアを大きく落とす選手が多い中、1アンダー・6位タイ発進。晴天に恵まれた2日目はパターが冴え渡った。理由は大西翔太コーチのひとことだった。「遊びで入れてみよう」と勧められたテーラーメイドの<スパイダー X>がピタリとハマったのだ。

「今週はグリーンが速いので、球足が遅く出るマレットタイプでいくつもりだったんですけど、ちょうど前夜祭の日にコーチに『試してほしい』といわれて、調整前(の既製品)ですが、プロアマの日から投入したんです。それがよかったかなと思います」

2013年に一大ブームを巻き起こしたスパイダーよりも、ヘッドが小ぶりになった<スパイダーX>。

「以前のスパイダーは大ぶりで打ちにくかったのですが、今回のは程よいイン・トゥ・インで打てるイメージでした。ヘッドが小さくなったぶん打ちやすくなった印象ですね。初日はショートパットで、まだ慣れていなかったこともあり、ヘッドがどこ向いているかわからない場面が2回くらいありましたが、ミドルパットの打感やスピードは今週のグリーンに合っていると思います」

青木にとって今季初の最終日最終組。自身2年ぶりのツアー通算2勝目を勝ち取ることができるのか、行方を見守りたい。

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ