コルダ姉妹の妹・ネリーが絶好調、東京オリンピックへの姉妹出場を目指す

今季は、ISPSハンダ・オーストラリア女子オープンで早くも優勝、出場5試合すべてでトップテンフィニッシュと絶好調のN・コルダ 写真・Getty Images
今季は、ISPSハンダ・オーストラリア女子オープンで早くも優勝、出場5試合すべてでトップテンフィニッシュと絶好調のN・コルダ 写真・Getty Images 【拡大】
 開幕から2カ月がたった米LPGAツアーで、

「姉に追いつきたくて頑張っている」

 というコルダ姉妹の妹・ネリーの躍進が目覚ましい。

 開幕戦のダイアモンドリゾーツ・トーナメント・オブ・チャンピオンズで3位に入ると、ISPSハンダ・オーストラリア女子オープンでツアー通算2勝目となる今季初勝利を挙げ、ついにロレックス世界ランキングで姉のジェシカを抜いた。

 今季はバンク・オブ・ホープファウンダーズカップまでの出場5試合すべてでトップテンフィニッシュ。賞金ランキング、ポイントレース、プレーヤー・オブ・ザ・イヤーのポイントのすべてでトップに立っている。さらにパーオン率、バーディ数、平均スコアも1位(順位はすべて3月25日現在)と、久しぶりのアメリカ勢の活躍に米国内は盛り上がっている。

 バンク・オブ・ホープファウンダーズカップでも優勝争いを演じたが、プレーオフ進出のチャンスを逃し2位タイに終わった。

「とても悔しいけど、すごくいいプレーができたから、そこは評価したい。そして姉と一緒に優勝争いができたことは私の目標の一つだったから最高。できれば次はどちらかが勝つ、そんな戦いをしたい」

 ツアー通算5勝のジェシカも、この試合が今季の初戦だったが、ネリーと同じく2位タイに入った。

 ジェシカは一昨年に負った左腕の痛みが昨年秋に再発、ディフェンディングチャンピオンだったホンダLPGAタイランドも出場を取りやめ、ここまでリハビリに努めていた。ようやく痛みなくプレーができるようになったところだったという。

「妹がどんどん成長していく姿を見ることは本当にうれしい。先月の妹のオーストラリアでの優勝は素晴らしかった。勝っただけでなく、日々彼女が自分をしっかりとコントロールしている姿はとても誇りに思う。今年はここまで妹が私をリードしているから、今度は私が自分のお尻を叩いて頑張る番」

 二人の父のペトル・コルダは、全豪オープンで優勝したこともあるテニスの元トッププレーヤー。また、弟のセバスチャンもテニス選手で全豪ジュニアを制している。

「オーストラリアは私たち一家にとっては本当に幸運の地。不思議な力が湧いてくる」

 とネリー。バンク・オブ・ホープファウンダーズカップの2位タイにより、ネリーはロレックス世界ランキングでレクシー・トンプソンを抜き、米国人最高位となった。姉妹の目標は“東京五輪に姉妹で出場すること”。ジェシカは現在3番手につけており、実現に大きく近づいている。

 まずは今季のメジャー制覇を目指す二人。今週、初戦のANAインスピレーションに臨む。

文・武川玲子
※週刊パーゴルフ(2019年4月16日号)掲載


武川玲子(たけかわ・れいこ)
大阪府出身。米国・ロサンゼルスを拠点に、米PGA、LPGAツアーを精力的に取材している。2011年にはその綿密な取材活動をたたえられ、LPGAグローバルメディア賞を受賞している。

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ