プロだって練習ラウンドではセルフで距離を計測

上田桃子が語る“距離”を知ることの効用

プロのトーナメントでは試合中の距離測定器の使用はまだ認められていない。だが、練習ラウンドでは一打一打必ず、目標までの距離を測り確認する姿がある(写真・村上航)
プロのトーナメントでは試合中の距離測定器の使用はまだ認められていない。だが、練習ラウンドでは一打一打必ず、目標までの距離を測り確認する姿がある(写真・村上航) 【拡大】
2019年1月1日に施行された新ルールにより、試合などの正規のラウンドでも距離測定器の使用が認められた。「距離が分かったところで、正確に打ち分けることなんてできないよ」なんて思うなかれ、実は打つべき距離を知ることにはゴルフの根本があるという。
「ゴルフは距離を打つ競技です。距離を打つとは、飛距離を縦に合わせること。アマチュアの方はターゲットに気を取られ、ラインを出すことばかりを意識しています。それでは球は散らばるばかり。縦の距離が合ってくれば、左右の散らばりも小さくなります」と話すのは、上田桃子のコーチを務める辻村明志。

左に曲げてピンを大きくオーバーした。右にスライスしてショートした。確かに、そんなことを繰り返しているアマチュアは多い。それは縦の距離に対する集中が足りていないからなのだ。
「ゴルフは飛べばいいってもんじゃありません。戦略が重要。距離を確認することで、集中して迷いなく打てるようになります。そして自分のキャリーの距離を把握して正確なデータを積み重ねれば、自分の得意な距離が見えてきてマネジメントの幅が広がるはず」と、上田。

目測と実測の誤差を修正して空間認知力をアップ

上田が使用する距離測定器はニコン〈クールショットプロSTABLIZED〉。「とにかく軽くて持ちやすい。手ブレしないので、測りやすいです」と、上田
上田が使用する距離測定器はニコン〈クールショットプロSTABLIZED〉。「とにかく軽くて持ちやすい。手ブレしないので、測りやすいです」と、上田 【拡大】
とにかく前に前に飛ばすゴルフから、緻密な距離計算ができるスコアをつくるゴルフへの変貌。距離感づくりの第一歩が、距離の計測にあるのだ。そして、さらなるメリットもある、と辻村はいう。
「距離感が養われると、空間認知力が上がってきます。すると自分とボールとの間合いが安定し、スイングの再現性が高まります」
空間認知力とは、物の位置や方向、形状、間隔などを素早く認識する能力である。動いているボールに反応する野球やサッカーはいうに及ばず、ゴルフも含めてさまざまなスポーツでも必要とされている能力だ。

さて、距離測定器の使い方だが、辻村に大事なポイントを聞いてみた。「まずは自分の目と感覚で距離を確認してください。そして測定器を使って実際に測り、自分の感覚との誤差を確認する。250ヤードくらいの距離になると、上田だって10ヤードくらいの誤差が出ます。この誤差をなくしていくことで、さらに距離感が養われていきます」
だからこそプロたちも、練習ラウンドでは必ず距離を測定している。プロトーナメントの本戦では、距離測定器の使用がまだ認められていない。そのため距離測定器を使っているプロの姿を見ることはほとんどないが、大事な商売道具として肌身離さず持っているのだ。上達ツールとして、あなたもキャディバッグに忍ばせてみませんか?

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ