PGAチームが2012年以来のV!詰め寄ったLPGAチームは“女王コンビ”のダボに泣く

米山剛、プラヤド・マークセンペアが大活躍!このガッツポーズ! Hitachi 3Tours Championship(2018) 写真・鈴木祥
米山剛、プラヤド・マークセンペアが大活躍!このガッツポーズ! Hitachi 3Tours Championship(2018) 写真・鈴木祥 【拡大】
<Hitachi 3Tours Championship 2018 ◇9日◇グリッサンドゴルフクラブ(JGTO3,658ヤード・パー37、PGA3,380ヤード、パー37、LPGA3,113ヤード、パー37)>

年に1度のビッグマッチ、国内男子(JGTO)、国内女子(LPGA)、国内シニア(PGA)による3ツアー対抗戦は全競技が終了。PGAチームが2012年以来となる優勝を果たした。

午前中の競技(ベストボール方式)を終えてトップに立っていたPGAチーム。午後のオルタネート方式でLPGAチームに詰め寄られるが、3組目の米山剛、プラヤド・マークセンが申ジエ、比嘉真美子の追撃を振り切ってトップでフィニッシュ。0.5ポイント差で勝ち星をつかみ取った。午前午後で2勝と大車輪の活躍を見せたマークセンがMVPに輝いた。

2位となったLPGAチームは小祝さくら、成田美寿々ペアが圧勝するなど詰め寄ったが、2組目のアン・ソンジュ、鈴木愛ペアが最終ホールでまさかのダボを叩き、JGTOチームに並ばれてしまう。その0.5ポイントに泣くかたちとなった。

JGTOチームは1組目の池田勇太、時松隆光が最終ホールでダブルボギーを叩くなど午後も波に乗れず。注目の石川遼、今平周吾ペアは2位で2ポイントを獲得したが逆転には至らなかった。

【最終結果】
1位:PGAチーム(10.0pt)
2位:LPGAチーム(9.5pt)
3位:JGTOチーム(7.5pt)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・石川遼、寡黙な賞金王とのタッグに「周吾との距離が1cmくらい縮まったかな」
・今平周吾は「マスターズ」目指しインドネシアへ 海外メジャー出場の条件はTOP3
・初出場の小祝さくら 男子を相手に“2勝”!「来年も出たいけど、稼がなきゃ…」

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ