【データドットコム】10代で米女子ツアー複数勝利を記録した選手

10代で米女子ツアーの複数回優勝を遂げたのは、畑岡奈紗が9人目の快挙

最終18番でもバーディパットを沈め、後続に2打差をつけて勝ちきった畑岡奈紗は弱冠19歳 写真・Getty Images
最終18番でもバーディパットを沈め、後続に2打差をつけて勝ちきった畑岡奈紗は弱冠19歳 写真・Getty Images 【拡大】
TOTOジャパンクラシックで19歳の畑岡奈紗が米女子ツアー2勝目を挙げた。

10代で米女子ツアー優勝を果たしたのは19人おり、うち複数勝利を挙げたのは畑岡で9人目となった。

一人目は66年前のマーリン・ヘッジ。彼女は10代優勝者第1号でもある。最多勝はリディア・コの14勝で2位ブルック・ヘンダーソンの5勝を大きく引き離している。

リディア・コ [10代優勝数]14勝[年度]2012~16年
ブルック・ヘンダーソン [10代優勝数]5勝[年度]2015~17年
レクシー・トンプソン [10代優勝数]2勝[年度]2011、13年
マーリン・ヘッジ [10代優勝数]2勝[年度]1952年
サンドラ・ヘイニー [10代優勝数]2勝[年度]1962年
ポーラ・クリーマー [10代優勝数]2勝[年度]2005年
キム・ヒョージュ [10代優勝数]2勝[年度]2014~15年
ミンジー・リー [10代優勝数]2勝[年度]2015~16年
畑岡奈紗 [10代優勝数]2勝[年度]2018年

文・宮井善一
※週刊パーゴルフ(2018年12月4日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ