今度はブレード型!トゥーロン・デザインの新作は削り出しでも打感が超ソフト

ツアーに初お目見えしたトゥーロン・デザインの新パター
ツアーに初お目見えしたトゥーロン・デザインの新パター 【拡大】
 オデッセイが2016年から展開するトゥーロン・デザインブランドの新しいプロトタイプパターが日本男子ツアー「ブリヂストンオープン」でお披露目された。

 新作は高級感のあるブラウン仕上げのブレード型のパター。オデッセイに多いインサートは搭載されておらず、削り出しのモデルとなっている。L字マレットのプロトタイプは9月末の「トップ杯東海クラシック」で石川遼が使用し、話題になったが今回はプロにも人気が高いブレード型が登場した。

 この日、このパターをテストした重永亜斗夢は、「高級感がありますね。打感はすごく柔らかい。インサートの入っているものとほとんど変わらないですね」と使用感をコメント。中学時代からずっとホワイトホットなどインサートの入ったオデッセイのモデルを使用してきたが、削り出しでそれとほとんど同じ打感を実現したことに驚いていた。

 素材などの詳細は「11月に発表なのでまだ言えません」(メーカー担当者)とのこと。インサートのないパターはオデッセイにしては珍しいモデル。まだ数が出回っていないが、これからツアーで使用者を増やしていくのか。オデッセイらしくないこのパターがツアーでどう受け止められるのか注視したい。

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ