【データドットコム】日本人女子選手の最多優勝者輩出学年

黄金世代に注目が集まるも、実は92年生まれ組が優勝者輩出学年別は最多タイ

2016年にシードを喪失、昨年はサードQTで失敗と、どん底を味わった香妻琴乃だったが、長いトンネルは抜けた 写真・Getty Images
2016年にシードを喪失、昨年はサードQTで失敗と、どん底を味わった香妻琴乃だったが、長いトンネルは抜けた 写真・Getty Images 【拡大】
 畑岡奈紗、勝みなみら1998年度生まれの学年が黄金世代といわれているが、92年度生まれも負けてはいない。

 マンシングウェアレディース東海クラシックで初勝利を挙げた香妻琴乃が92年度生まれで、7人目(日本人選手のみ)の優勝者。平瀬真由美ら69年度生まれと並ぶ最多優勝者輩出学年となったのだ。

 92年度生まれは、まだ25~26歳。新記録も期待だ。

1969年度生まれ
[人数]7人
[優勝者]
平瀬真由美、入江由香、新井敬子、上田珠代、我妻弘津江、山岸陽子、鬼澤信子

1992年度生まれ
[人数]7人
[優勝者]
野村敏京、成田美寿々、堀奈津佳、葭葉ルミ、青木瀬令奈、福田真未、香妻琴乃

文・宮井善一
※週刊パーゴルフ(2018年10月23日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ