【データドットコム】女子ツアーここ10年の年度別5パット出現数

「さすがにカチンときた」という鈴木愛の5パットは塩谷や不動もやっていた

段の下のピン手前30メートルからのバーディパットが、まさかの鈴木愛の人生初の5パットの始まりだった 写真・Getty Images
段の下のピン手前30メートルからのバーディパットが、まさかの鈴木愛の人生初の5パットの始まりだった 写真・Getty Images 【拡大】
 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯3日目の8番ホールで、鈴木愛がまさかの「5パット」を記録した。鈴木自身初めてということだが、ツアー全体ではどれくらいの頻度で出現しているのだろうか。

 2009年以降ここ10年のデータでは計45回。7.7試合に1回という頻度である。その中には、鈴木のほかに塩谷育代や不動裕理といった歴代賞金女王の名もあった。

2009年 3回
2010年 6回
2011年 1回
2012年 4回
2013年 4回
2014年 3回
2015年 5回
2016年 6回
2017年 8回
2018年 5回
※2018年は日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯終了時

文・宮井善一
※週刊パーゴルフ(2018年10月9日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ