【データドットコム】男子メジャー2位回数

全米プロゴルフ選手権でのタイガー2位は歴代7位、最多は18勝しているニクラス

全米プロでブルックス・ケプカには2打及ばなかったものの、18番6メートルのバーディパットには渾身のガッツポーズを見せ、観衆を沸かせたタイガー 写真・Getty Images
全米プロでブルックス・ケプカには2打及ばなかったものの、18番6メートルのバーディパットには渾身のガッツポーズを見せ、観衆を沸かせたタイガー 写真・Getty Images 【拡大】
 タイガー・ウッズが全米プロゴルフ選手権で、惜しくも10年ぶりのメジャー制覇を逃したが、2位に入った。

 ウッズのメジャー2位は、2009年全米プロ以来で通算7回目。これは歴代7位タイの数字である。

 最多2位は、フィル・ミケルソンの11回を大きく引き離して、ジャック・ニクラスが堂々の19回。周知のとおり、ニクラスは優勝数でも歴代1位の18勝である。

第1位 19回 ジャック・ニクラス
第2位 11回 フィル・ミケルソン
第3位 10回 アーノルド・パーマー
第4位 8回 サム・スニード
第4位 8回 グレッグ・ノーマン
第4位 8回 トム・ワトソン
第7位 7回 ジョン・ヘンリー・テイラー
第7位 7回 タイガー・ウッズ

文・宮井善一
※週刊パーゴルフ(2018年9月18日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ