【データドットコム】日本人女子選手のメジャー18ホール最少ストローク

全米女子プロゴルフ選手権最終日の畑岡のスコア64は、メジャースコアのタイ記録

1977年に同大会を制した樋口久子以来の二人目のメジャー制覇はかなわなかったが、大健闘した畑岡奈紗 写真・Getty Images
1977年に同大会を制した樋口久子以来の二人目のメジャー制覇はかなわなかったが、大健闘した畑岡奈紗 写真・Getty Images 【拡大】
 KPMG全米女子プロゴルフ選手権最終日に畑岡奈紗が64をマークして猛追。敗れはしたがプレーオフに持ち込んだ。

 この64はメジャーにおける日本人女子のベストスコアタイ記録。これまでは岡本綾子ただ一人だった。

 岡本は2度マークしており、1986年デュ・モーリエクラシックでは最終日64で追いつくがプレーオフ負けという今回の畑岡とまったく同じケースだった。

[記録] 64
岡本綾子
[大会] 1986年デュ・モーリエクラシック最終日
[順位] 2位

[記録] 64
岡本綾子
[大会] 1991年全米女子プロゴルフ選手権2日目
[順位] 2位タイ

[記録] 64
畑岡奈紗
[大会] 2018年全米女子プロゴルフ選手権最終日
[順位] 2位タイ

文・宮井善一
※週刊パーゴルフ(2018年8月7・14日合併号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ