姉・モリヤの優勝でジュタヌガーン姉妹がツアー2組目の“姉妹優勝”

姉・モリヤのツアー参戦6年目での初優勝を、妹・アリヤは自分のこと以上に喜んだ 写真・Getty Images
姉・モリヤのツアー参戦6年目での初優勝を、妹・アリヤは自分のこと以上に喜んだ 写真・Getty Images 【拡大】
 今季メジャー第2戦、全米女子オープンは、アリヤ・ジュタヌガーンがキム・ヒョージュをプレーオフで退け勝利した。プレーオフ1ホール目となる14番に向かうアリヤを涙ながらに見送り、4ホールのプレーオフを制したアリヤに真っ先に駆け寄ったのは、姉のモリヤ・ジュタヌガーンだった。

 モリヤは2013年に妹よりも2年早く米LPGAツアーメンバーになった。勝てそうで勝てない日々が続いたが、今年4月、ヒューゲル-JTBC LAオープンでついに初優勝を遂げた。6年目にやっとの思いで手に入れた姉のツアー勝利を、アリヤは自分のこと以上に喜び、大粒の涙を流した。

 米LPGAツアーで姉妹がそろってツアー優勝を遂げたのは、アニカとシャーロッタのソレンスタム姉妹に続いて2組目だ。偉大すぎる姉・アニカの陰に隠れているシャーロッタのキャリアだが、2000年にスタンダードレジスターピンでツアー初優勝、生涯獲得賞金は150万ドルを突破するなど、コンスタントにツアー出場を続けていた。

 ジュタヌガーン姉妹に続く“姉妹優勝”が期待されるのはジェシカとネリーのコルダ姉妹だ。25歳のジェシカは今季もホンダLPGAタイランドで勝ち、すでにLPGAツアー5勝を挙げているが、19歳の妹・ネリーもHSBC女子世界選手権で2位タイ、全米女子オープンでも初のトップテン入りを果たし、「初優勝が最も近い選手の一人」と目されている。父は元プロテニスプレーヤーで世界ランキング2位になったこともあるペトル・コルダだ。ネリーもジェシカと同じく170センチを超える長身でロングヒッター。

 ちなみに、兄が米PGAツアーで戦っている“兄妹優勝”を目指す選手もいる。レクシー・トンプソンはニコラスとカーチスという二人の兄が米PGAツアーやウェブドットコムツアーに出場、昨年の全米女子プロ選手権覇者のダニエル・カンの兄、アレックスもウェブドットコムツアーで戦っている。

 ジュタヌガーン、コルダが姉妹で活躍する理由について、スポーツライターのロン・サイラク氏は、

「もちろん一家のDNA的な素質も大きいだろうが、ジュタヌガーン姉妹やコルダ姉妹は一緒にツアーを転戦し、その関係はとても密だ。姉妹でありながら、最高の友人でライバル。どちらかが先に活躍しても萎縮することなく切磋琢磨(せっさたくま)する間柄が崩れていないことが理由だと思う」

 と分析する。

 モリヤとネリーのどちらが先に優勝するかは、今季の米LPGAツアーの注目の一つだった。モリヤの初優勝で、「姉妹優勝2組目争い」はジュタヌガーン姉妹に軍配が上がった形になる。コルダ姉妹が続くことができるか興味は尽きない。

文・武川玲子
※週刊パーゴルフ(2018年6月26日号)掲載


武川玲子(たけかわ・れいこ)
大阪府出身。米国・ロサンゼルスを拠点に、米PGA、LPGAツアーを精力的に取材している。2011年にはその綿密な取材活動をたたえられ、LPGAグローバルメディア賞を受賞している。

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ