【データドットコム】米男子ツアー日本人選手プレーオフ成績

米ツアーでの日本人選手のプレーオフの戦歴は、小平智で現在5連勝中

最終日にボギーとした17番パー3をプレーオフではバーディとして優勝を決めた小平智 写真・Getty Images
最終日にボギーとした17番パー3をプレーオフではバーディとして優勝を決めた小平智 写真・Getty Images 【拡大】
 RBCヘリテージで小平智がプレーオフの末、米ツアー初優勝を飾った。

 米ツアーで日本人選手がプレーオフに臨んだのは今回で9例目。最初の2例は6人によるもので、ともに敗れている。

 3例目以降は1対1の対決。これだけに絞れば6勝1敗という素晴らしい成績である。

 しかも5連勝中。このまま連勝街道がどこまでも続いてほしいものだ。

1994年 GTEバイロン・ネルソンゴルフクラシック 6人
[選手名]水巻善典[勝敗]●

2001年 ニッサンオープン 6人
[選手名]伊澤利光[勝敗]●

2001年 グレーターミルウォーキーオープン 2人
[選手名]丸山茂樹[勝敗]○

2007年 AT&Tクラシック 2人
[選手名]今田竜二[勝敗]●

2008年 AT&Tクラシック 2人
[選手名]今田竜二[勝敗]○

2014年 ザ・メモリアルトーナメント 2人
[選手名]松山英樹[勝敗]○

2016年 ウェイストマネージメントフェニックスオープン 2人
[選手名]松山英樹[勝敗]○

2017年 ウェイストマネージメントフェニックスオープン 2人
[選手名]松山英樹[勝敗]○

2018年 RBCヘリテージ 2人
[選手名]小平智[勝敗]○

文・宮井善一
※週刊パーゴルフ(2018年5月22日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ