【データドットコム】過去5年の女子ツアー平均ヤーデージと、ヨコハマタイヤPRGRレディスのヤーデージ

例年最短コース開催といわれる土佐CCだが、やさしいわけではない

昨年の大会は通算7アンダーで並んだ藤崎莉歩とのプレーオフを制して全美貞が生涯獲得賞金10億円を突破した 写真・Getty Images
昨年の大会は通算7アンダーで並んだ藤崎莉歩とのプレーオフを制して全美貞が生涯獲得賞金10億円を突破した 写真・Getty Images 【拡大】
 女子ツアーのコースは年々長くなっており、昨年は過去最長の平均6523ヤードを記録した。

 そんな中、例年“最短”の座を維持しているのが、今週開催するヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ(土佐CC)だ。

 昨年は6228ヤードで今年も同じ予定である。だが、昨年は38大会中、難易度が高いほうから16番目だった。距離だけでは測れない難しさがあるわけだ。

2013年
●PRGRレディス 6232ヤード
●ツアー平均  6493ヤード

2014年
●PRGRレディス 6232ヤード
●ツアー平均  6492ヤード

2015年
●PRGRレディス 6217ヤード
●ツアー平均  6511ヤード

2016年
●PRGRレディス 6217ヤード
●ツアー平均  6514ヤード

2017年
●PRGRレディス 6228ヤード
●ツアー平均  6523ヤード

文・宮井善一
※週刊パーゴルフ(2018年3月20日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ