今季はマネジメント重視【ツアーで見つけた旬ネタ】

「飛距離だけの選手では終わらない!」(葭葉ルミ) 写真・米山聡明
「飛距離だけの選手では終わらない!」(葭葉ルミ) 写真・米山聡明 【拡大】
「ダイキンオーキッドレディス」2日目は、昨年の賞金女王・鈴木愛が単独首位。2位に川岸史果と李知姫、4位には地元・沖縄県出身の諸見里しのぶが続いている。

思い返せば昨年大会で、葭葉ルミが平均飛距離NO.1への挑戦を宣言していた。平均飛距離270ヤードを目指すために、新たな武器「クレイジー」を投入。オフ中にはヘッドスピードを上げるために野球のバットを全力で素振りするなど努力を重ねた。そして、シーズン終わりには見事ドラコンクイーンの座を射止めたのだ。

今年の意気込みをあらためて葭葉に尋ねてみると、

「今年のオフもバットの全力素振りを1日100回やりましたよ。20回×5セットを毎日。そうしたらヘッドスピードが46m/sから49m/sまで上がったんです。シミュレーションゴルフでは何度か300ヤード超えも記録しましたし、まだ伸ばせるんじゃないかな」

と自信をのぞかせた。

しかし、今年の葭葉にはさらに目標が二つある。一つは「飛距離だけの選手」で終わらないこと。海外の選手を見ていて、

「ティショットで3Wを使うシーンをよく見かけますよね。それでドライバー頼みではダメだなと。だから今年は3Wも新調したんです」

ドライバー一辺倒ではなく、ホールに応じて3Wを持つなど、よりマネジメント力を磨いていきたいそうだ。

もう一つの目標は全英女子オープンへの出場だ。6月開催の「アース・モンダミンカップ」終了後、賞金ランク上位5人に入れば出場権が与えられる(有資格者を除く)。昨年の全米女子オープンでは並み居る強豪を退け、ドライビングディスタンス1位となり話題になった葭葉。まだ見ぬ全英の地で、日本の「Rumi Yoshiba」を再び見せつけてくれることを期待したい。

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ