ルーキー田村亜矢がジャンボ尾崎から「得たもの」【ツアーで見つけた旬ネタ】

「強気で勝ちにいきますよ!」(田村亜矢) 写真・岩本芳弘
「強気で勝ちにいきますよ!」(田村亜矢) 写真・岩本芳弘 【拡大】
3月1日(木)、2018年日本女子ツアーが開幕する。開幕戦はダイキンオーキッドレディス(沖縄県・琉球GC)。そこで、今シーズンツアー本格デビューの若手注目選手を紹介しよう。

昨年プロテストに合格したばかりの田村亜矢だ。ダイキンオーキドレディスを開催する琉球GCは強風が吹くことが多いコースだけに、ガマンを強いられることが少なくない。QTランキング3位の資格で出場する田村が目指すのは、ガマン強いゴルフ。

「以前はちょっとしたことでダメかなと思ってしまっていたんですが、今は強気で勝ちにいかなくちゃと考えられるようになりました。自分から勝ちにいかなくては、永遠に勝てることはないと思うんです」(田村)

意識の変化は、ツアー開幕前のオフの練習にあった。最初は昨年の12月だった。知人の紹介でジャンボ尾崎のもとを訪れ、指導を受ける機会を得たのだ。ジャンボ邸で男子プロと一緒に、フィジカルトレーニングから実際に球を打ってのトレーニングをみっちり行った。

そして約1カ月、ジャンボ邸に通った。トレーニングは甘いものじゃなかった。だが、成果はすぐに出た。飛距離が10ヤード伸びたのだ。

「オフの厳しいトレーニングから、自分に足りないものが見えてきました」

と、田村。ジャンボ邸で知った真のプロゴルファーの技術・体力のレベルは、田村の予想を超えていた。これからは練習量を増やさなくちゃいけない。今までは何もやっていなかったのと同じだ、と自分を叱咤(しった)した。将来は世界で戦える選手になりたいと目標を掲げているから、その思いはなおさらだった。飛距離が伸びたぐらいでは満足しない貪欲なプロゴルファーの姿がそこにはあった。

QTランキング3位だから、田村の実力は折り紙付き。そのポテンシャルをさらに引き上げる意識の変化もあった。2018年シーズンは旋風を巻き起こしてくれるに違いない。まずはダイキンオーキッドレディスでの田村のプレーに注目だ。

※田村亜矢のことをもっと知りたい方に朗報。田村のインタビュー記事が3月20日火曜日発売の週刊パーゴルフに掲載されます。ぜひご一読を!
飛距離が10ヤード伸びたという田村亜矢 写真・岩本芳弘
飛距離が10ヤード伸びたという田村亜矢 写真・岩本芳弘 【拡大】

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ