【データドットコム】2017年男子ツアー規定打数別最難関ホール

昨季の男子ツアー規定打数別最難関ホールの極めつけは富士桜CCの5番パー4

フジサンケイクラシック以外の2試合を制したのは宮里優作。昨シーズンの賞金王である 写真・Getty Images
フジサンケイクラシック以外の2試合を制したのは宮里優作。昨シーズンの賞金王である 写真・Getty Images 【拡大】
 今回は、昨季の男子ツアー規定打数別最難関ホールを紹介する。

 パー3の1位は日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の14番だった。

 パー4はフジサンケイクラシック5番で平均ストロークは距離を535ヤードに延ばして以降でも最も悪い4.773。最終日はバーディゼロだった。

 パー5は中日クラウンズ15番が2年ぶりに1位に返り咲いた。

パー3
●ホール(距離)
日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯
14番(210ヤード)
●コース
かねひで喜瀬CC
●平均ストローク
3.448

パー4
●ホール(距離)
フジサンケイクラシック
5番(535ヤード)
●コース
富士桜CC
●平均ストローク
4.773

パー5
●ホール(距離)
中日クラウンズ
15番(591ヤード)
●コース
名古屋GC和合C
●平均ストローク
5.092

文・宮井善一
※週刊パーゴルフ(2018年2月27日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ