【データドットコム】松山英樹ダンロップフェニックス、トーナメント20ラウンド連続オーバーパーなしの軌跡

ダンロップフェニックストーナメントでの松山は、20R連続パープレー以下

5位に終わったものの、最終日の3番パー3でプロ入り後初のホールインワンを達成してみせた松山英樹 写真・Getty Images
5位に終わったものの、最終日の3番パー3でプロ入り後初のホールインワンを達成してみせた松山英樹 写真・Getty Images 【拡大】
 2年ぶりに参戦したダンロップフェニックストーナメントで、松山英樹は本調子ではない中、10アンダーの5位に入った。

 同大会はアマチュア時代の2012年から出場5回連続で6位以内と好相性。しかも、現在20ラウンド連続でオーバーパーがない。

 世界のトップクラスが参戦する中で、これは大会記録だ。次点は尾崎将司の15ラウンド連続。圧倒的な1位である。

2012年 273(-11) 70 67 69 67 2位
2013年 281(- 3) 71 71 69 70 6位タイ
2014年 269(-15) 68 64 67 70 優勝
2015年 272(-12) 70 68 67 67 2位タイ
2017年 274(-10) 67 67 71 69 5位

文・宮井善一
※週刊パーゴルフ(2017年12月12日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ