【データドットコム】宮里藍のメジャー、主なデータ

宮里藍が現役最後の試合、エビアン選手権の出場でメジャー最多記録を樹立

エビアン選手権最終日、18番グリーン。現役生活最後のパーパットを決め、ボールを拾った右手を涙目で振る宮里藍 写真・Getty Images
エビアン選手権最終日、18番グリーン。現役生活最後のパーパットを決め、ボールを拾った右手を涙目で振る宮里藍 写真・Getty Images 【拡大】
 宮里藍が競技生活に別れを告げた。最後の舞台となったエビアン選手権で岡本綾子を抜いて日本人選手単独1位となる53回目のメジャー出場を果たした宮里。

 彼女のメジャーでのデータを振り返るとベスト10数(10回)、予選通過数(38回)ともに岡本に次いで日本人選手2位の数字だった。総ストローク数は1万3133。これも岡本に次ぐ数である。

記録1
出場試合数 1位:53試合
2位 岡本綾子[52試合]

記録2
ベスト10数 2位:10回
1位 岡本綾子[21回]

記録3
予選通過数 2位:38回
1位 岡本綾子[48回]

記録4
総ストローク数 2位:13133ストローク
1位 岡本綾子[14425ストローク]

文・宮井善一
※週刊パーゴルフ(2017年10月17日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ