【データドットコム】男子メジャーでの日本人選手2桁アンダーパー

メジャー自己最高の2位タイに入った松山の12アンダーは、日本人の最多アンダー記録

松山英樹の2位タイは、1980年全米オープンの青木功の単独2位と並ぶ日本勢最高順位になる 写真・Getty Images
松山英樹の2位タイは、1980年全米オープンの青木功の単独2位と並ぶ日本勢最高順位になる 写真・Getty Images 【拡大】
 全米オープンで松山英樹がメジャー自己最高の2位タイに入った。

 スコアは12アンダー。これは2006年全英オープンで谷原秀人、15年マスターズで松山自身がマークしていた11アンダーを更新するメジャーでの日本人選手最多アンダー記録だ。

 ちなみに最少ストローク記録は片山晋呉が01年全米プロゴルフ選手権で出した270(10アンダー)である。

順位 アンダーパー数 選手名 大会名・順位
1位 12アンダー 松山英樹 2017年全米オープン2位タイ
2位 11アンダー 谷原秀人 2006年全英オープン5位タイ
2位 11アンダー 松山英樹 2015年マスターズ5位
4位 10アンダー 伊澤利光 2001年マスターズ4位タイ
4位 10アンダー 片山晋呉 2001年全米プロゴルフ選手権4位タイ
4位 10アンダー 片山晋呉 2009年マスターズ4位

文・宮井善一
※週刊パーゴルフ(2017年7月18日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ