【データドットコム】メジャー3連勝達成の可能性は?R・マキロイが偉業に挑む!

世界1位のマキロイが偉業に挑む!
世界1位のマキロイが偉業に挑む! 【拡大】
 今週はマスターズウイークだ。注目はなんといってもロリー・マキロイだろう。昨年の全英オープン、全米プロを制してメジャー連勝中。マスターズで勝てば史上6人目のキャリアグランドスラマー誕生だ。 そこで今回は偉業達成の可能性を探るデータを紹介したい。これまでマキロイのようにメジャー連勝でマスターズを迎えたのは5例ある。リー・トレビノ、ニック・プライス、パドレグ・ハリントンというそうそうたるメンバーがマスターズでメジャー3連勝に挑んだが、結果を残せなかった。

 唯一勝ったのはタイガー・ウッズ。メジャー3連勝で臨んだ2001年大会を制して見事〝タイガースラム〞を達成した。ただ、07年には2位タイに甘んじている。

 過去の例では勝率20パーセント。簡単に越えられる壁ではない。世界1位に君臨するマキロイは果たしてどうか。

文・宮井善一
週刊パーゴルフ(2015年4月21日号)掲載


3連勝に挑んだ過去5例の結果は!?

●リー・トレビノ
1勝目:全米オープン(1970)
2勝目:全英オープン(1971)
→マスターズ(1972) 33位タイ

●ニック・プライス
1勝目:全米オープン(1993)
2勝目:全米プロ(1994)
→マスターズ(1995) 予選落ち

●タイガー・ウッズ
1勝目:全米オープン(1999)
2勝目:全英オープン(2000)
3勝目:全米プロ(2000)
→マスターズ(2001) 優勝<タイガースラム>

1勝目:全米オープン(2005)
2勝目:全米プロ(2006)
→マスターズ(2007) 2位タイ

●パドレグ・ハリントン
1勝目:全米オープン(2007)
2勝目:全英オープン(2008)
→マスターズ(2009) 35位タイ


※欠場を含む連勝は除外


-Column-
世界1位のマキロイがグリーンジャケット取りへ!
世界ランク1位のマスターズ勝率は14パーセント。優勝者はイアン・ウーズナム、フレッド・カプルス、タイガー・ウッズ(2勝)の3人だ。

バックナンバーはコチラ  >>

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ