大江香織がヤマハと用具使用契約など若手人気女子プロの新契約情報

ヤマハと用具使用契約を結んだ大江香織
ヤマハと用具使用契約を結んだ大江香織 【拡大】
 女子ツアーの開幕戦も目前に迫り、女子プロの契約状況も佳境を迎えつつある。

 注目の契約はヤマハだ。昨年の賞金ランキング28位の大江香織と、昨年のプロテストで合格した植田希実子が、ヤマハと用具使用契約を締結した。大江は2012年のフジサンケイレディスクラシックでツアー初優勝を遂げた後、2勝目を挙げられずにいるが、ヤマハのバックアップによる今季の勝利が期待される。

 また、新たなスポンサーや所属先が決まった女子プロも出てきた。中でも大きなニュースは、メルセデス・ベンツ日本との契約選手、サポート選手だ。同社はプロ転向3年以内のルーキーを支援するプログラム「メルセデス・サポート」を12年から実施してきた。初年度から3年間、サポート選手だった香妻琴乃が、今季から契約選手に決まった。さらに昨年のプロテストに合格した柏原明日架とプロ転向2年目の松森彩夏の二人が新たにサポート選手に選ばれた。

 今季から新規トーナメントとして参入した大東建託も新たに契約選手を迎えた。スポンサー契約を結んだのは、渡邉彩香と江澤亜弥の二人。渡邉は昨年のアクサレディス in MIYAZAKIでのツアー初優勝が認められての契約。江澤は昨年のファイナルQTで21位に入り、今季フル参戦できることが評価された。江澤はゴルフ・ドゥーともイメージキャラクター契約を結んでおり、注目の若手といえるだろう。

 昨年の日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯でツアー初優勝を果たした鈴木愛の所属も決まった。所属先はネットワークサービス大手のセールスフォース・ドットコムだ。 

 鈴木は同契約について、「私もセールスフォース・ドットコムとともにさらに成長し、夢の賞金女王を目指し、頑張っていきたいと思います」

 とコメントを寄せている。

 そして昨年はシード落ちを経験したが、ファイナルQT31位でツアーにフル参戦する若林舞衣子が、アコーディア・ゴルフと契約した。女子ツアー開幕は目前だが、スポンサー契約の動きはもう少し続きそうだ。

週刊パーゴルフ(2015年3月10日号)掲載
セールスフォース・ドットコムと所属契約を結んだ鈴木愛
セールスフォース・ドットコムと所属契約を結んだ鈴木愛 【拡大】

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ