矢野東、香妻陣一朗らが出場権獲得…Y・E・ヤンら韓国勢が上位独占!

ファイナルクォリファイングトーナメント(12月4~10日、三重県・白山ヴィレッジGCクイーンC、7048ヤード、パー72)

 10日、ジャパンゴルフツアーのファイナルQT決勝ラウンド最終日が行われ、チャン・キム、權成烈 (クォン・ソンヨル)、黄仁春(ファン・インチュン)の韓国勢3人が通算22アンダーで並び、カウント・バック方式により、チャン・キムがランキング1位に輝いた。通算19アンダーの4位に、日本ツアー本格参戦を目指していた、2009年の全米プロゴルフ選手権覇者、Y・E・ヤン(韓国)が入った。

 日本勢は、通算17アンダーをマークした桑原克典の5位が最高位で、以下、来季の前半戦出場権を獲得したのは、7位の小林伸太郎、10位の白石大祐、14位の香妻陣一朗、19位の横田真一など。矢野東が通算12アンダーの28位に入り、何とか上位35位以内に滑り込んだ。

 一方、今季賞金シードから陥落した選手では、白佳和、井上信、横尾要、河野祐輝、上平栄道らは順位を上げることができなかった。また、通算11アンダーの30位タイに11人が並び、35位を決めるプレーオフが行われたが、日没サスペンデッドとなり、明日残りのプレーオフを戦う。

最終成績(暫定)
1 チャン・キム -22
2 權 成烈 -22
3 黄 仁春 -22
4 Y・E・ヤン -19
5 桑原 克典 -17
6 W・J・リー -17
7 小林 伸太郎 -17
8 T・オー -16
9 M・ガイヤット -16
10 白石 大祐 -16
11 M・グリフィン -16
12 竹安 俊也 -15
13 堀川 未来夢 -15
14 香妻 陣一朗 -14
15 S・H・ペク -14
16 金 度勲(大邸) -14
17 朴 一丸 -14
18 小池 一平 -14
19 横田 真一 -14
20 鍋谷 太一 -13
21 文 景俊 -13
22 山岡 成稔 -13
23 佐藤 達也 -13
24 古田 幸希 -13
25 姜 志満 -13
26 N・タンチポカクル -12
27 広田 悟 -12
28 矢野 東 -12
29 李 基相 -12
=以下プレーオフ=
30 邊 辰哉 -11
30 細川 和彦 -11
30 A・キュー -11
30 大川 詩穏 -11
30 近藤 啓介 -11
30 パク・ベジョン -11
30 太田 直己 -11
30 洪 淳祥 -11
30 石渡 和輝 -11
30 富村 真治 -11
30 小西 貴紀 -11
=以下主な選手=
49 白 佳和 -9
58 井上 信 -7
60 横尾 要 -7
88 河野 祐輝 -2
92 上平 栄道 E

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ