38歳の沖野克文が、通算19アンダーでツアー初優勝

石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament(10月2~4日、栃木県・ロイヤルメドウGスタジアム、7089ヤード、パー71)

 4日、ジャパンゴルフツアー・チャレンジトーナメント第14戦、石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournamentの最終日が行われ、通算19アンダーをマークした沖野克文が、プロ16年目でツアー初優勝を果たした。

 前日、62をたたき出し単独首位に立った沖野は、この日も快調にスコアを重ね、7バーディ、ノーボギーの64でラウンド。後続の追撃を振り切って逃げ切った。1999年9月にツアープレーヤーへ転向し、今年の11月に39歳を迎えるベテランがつかんだ初V。次はレギュラーツアーでの活躍を期待したい。

 通算18アンダーで1打差の2位に前粟藏俊太がつけ、大川詩穏、小鯛竜也が通算15アンダーの3位タイ。甲斐慎太郎は通算12アンダーの6位、大堀裕次郎は通算6アンダーの17位タイに終わった。

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ