プロゴルファー松山英樹が見つめる先


プロゴルファー松山英樹が見つめる先

 4月2日、松山英樹がプロ転向を宣言した。2011年のマスターズでローアマチュアを獲得。倉本昌弘、石川遼に続きアマチュアでのプロトーナメント優勝。しかし、会見では過去より前を向く姿勢を見せた。

松山英樹(まつやま・ひでき)
1992年2月25日生まれ、愛媛県出身。身長180センチ、体重75キロ。2013年プロ入り。11年マスターズローアマ、同年三井住友VISA太平洋マスターズ優勝。今季、東北福祉大学4年生の現役大学生プロゴルファーとしてツアーに挑む。全英オープンアジア最終予選を2位で通過し、今年の全英オープン出場権を持つ。

松山英樹、プロ入りまでの軌跡

本誌の撮影でのひとコマ。表情豊かな若者だ
本誌の撮影でのひとコマ。表情豊かな若者だ 【拡大】
今年のオフトレは、部員を引っ張り、自らにもハードトレーニングを課していた
今年のオフトレは、部員を引っ張り、自らにもハードトレーニングを課していた 【拡大】
12年の卒業式でニつ上の先輩、藤本佳則を送る。引き継いだキャプテンとしてプロ入り後も「部員たちとコミュニケーションを取っていきたい」と話す
12年の卒業式でニつ上の先輩、藤本佳則を送る。引き継いだキャプテンとしてプロ入り後も「部員たちとコミュニケーションを取っていきたい」と話す 【拡大】
同学年の石川遼と世界を舞台に戦う姿が見られる
同学年の石川遼と世界を舞台に戦う姿が見られる 【拡大】
177ヤードを8番アイアンで30センチにつける実質のウイニングショット。実力と度胸を持ち合わせている
177ヤードを8番アイアンで30センチにつける実質のウイニングショット。実力と度胸を持ち合わせている 【拡大】
プロ入りを意識し始めた11年の三井住友VISA太平洋マスターズで優勝。アマチュアとして頂点に立った
プロ入りを意識し始めた11年の三井住友VISA太平洋マスターズで優勝。アマチュアとして頂点に立った 【拡大】

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ