22歳のルーキー・富村真治が逆転V!

 国内男子チャレンジツアー第12戦のeveryone PROJECT Challenge Golf Tournament ~石川遼プロデュース~(9月20~22日、栃木県・ロイヤルメドウゴルフスタジアム)最終日。前日までトップ5を占めた選手が軒並み崩れ、スタート早々から大混戦となった。

トップテンスタートのうち8名がオーバーパーをたたいたが、唯一のアンダーパー(3アンダー)で回った22歳の富村真治が通算10アンダーとし、逆転でチャレンジツアー初優勝を遂げた。“プロデューサー”石川遼のコースセッティングに打ち勝った富村は、これでチャレンジツアー賞金ランキング5位に浮上。非公認の地区オープンである兵庫県オープンに続き、プロ入り2勝目となった。

 富村は1番をバーディとし幸先よくスタートしたが、その後は我慢のゴルフ。6、7番では連続ボギーをたたいたが、上位陣がスコアを落としていく中、14番までをパーでまとめると、15番から圧巻の4連続バーディで見事に優勝をもぎ取った。

 1打差の通算9アンダー、2位タイには大ベテランの河村雅之と、初日トップスタートを切った小島亮太。さらに1打差の通算8アンダー、4位タイに香妻陣一朗ら3人が入った。前日まで首位の伊藤誠道は、前半だけで3ボギー、1ダブルボギーと自滅。2位スタートの簗瀬元気も序盤からスコアを落とし、二人そろって通算7アンダーの7位タイに終わった。

 なお、主催者推薦で出場したジュニア戦士で予選を通過した3人のうち、小斉平優和さんがスコアを3つ伸ばし、通算4アンダーの32位タイで堂々のベストアマチュアに輝き、11月のカシオワールドオープン出場権を勝ち取った。平石健太さんは通算2アンダー、41位タイ、大貫渉太朗さんも3アンダーで回り、通算イーブンパーの54位タイで大会を終えた。

最終日の主な選手の結果

1 富村 真治 -10
2 河村 雅之 -9
2 小島 亮太 -9
4 貴田 和宏 -8
4 中内 剛 -8
4 香妻 陣一朗 -8
7 太田 直己 -7
7 K・T・ゴン -7
7 黄 文義 -7
7 伊藤 誠道 -7
7 簗瀬 元気 -7
12 近藤 啓介 -6
12 秋吉 翔太 -6
12 井殿 康和 -6
12 R・テイト -6
12 福永 光伸 -6
12 石丸 昌史 -6
12 小西 貴紀 -6
12 沖野 克文 -6

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ