【一問一答】ミゲル・タブエナ アグレッシブにいきすぎないこと

アジアナンバーワン、そして世界ナンバーワンになりたいと語るフィリピンのミゲル・タブエナ 写真・Asian Tour
アジアナンバーワン、そして世界ナンバーワンになりたいと語るフィリピンのミゲル・タブエナ 写真・Asian Tour 【拡大】
Q.ラウンド当日、最初のティグランドに上がったときにいつも考えることは何ですか?

A.アグレッシブにいきすぎないことです。“初日のプレーで試合に勝つことはできないが、負けることはできる”と、いつもコーチのリック・ギブソンから注意されています。だから、出だしの数ホールでスマートなプレーをすることを考えています。

Q.コンディションの調整方法は?

A.自宅で週4回、毎回1時間半のトレーニングを指導してくれるフィジカルトレーナーがいます。また、バスケットボールやサッカーのようなゴルフ以外のスポーツを楽しむことも、体調維持につながっています。

Q.今までで一番うれしかったことは?

A.多分、アマチュア時代です。2010年のアジア大会最終日、最後のホールで10フィートのパットを沈め、銀メダルを取ったときです。プロでも、そういったことが起きるといいですね。

Q.ゴルフでの究極の目標は?

A.短期的なものはアジアナンバーワンになることであり、長期的なものだと世界ナンバーワンになることです。

文・Asian Tour

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ