ロッテ選手権

米国女子

リディア・コが3年ぶりVで通算16勝目 笹生優花は6位タイ、渋野日向子は33位Tで終戦

リディア・コが3年ぶりの優勝をつかんだ ロッテ選手権(2021)(最終日) 写真・Getty Images
リディア・コが3年ぶりの優勝をつかんだ ロッテ選手権(2021)(最終日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 リディア・コ -7 -28
2T インビー・パーク -9 -21
2T キム・セヨン -7 -21
2T Leona Maguire -5 -21
2T ネリー・コルダ -1 -21
6T ジェニー・シン -9 -19
6T シュ・ウェイリン -6 -19
6T Sarah Schmelzel -6 -19
6T 笹生 優花 -2 -19
10T A Lim Kim -6 -18
<ロッテ選手権 最終日◇17日◇カポレイGC(米ハワイ州)◇6563ヤード・パー72>

米国女子ツアーの「ロッテ選手権」が4日間の日程を終了。単独トップでスタートしたリディア・コ(ニュージーランド)がこの日も圧巻のゴルフで「65」をマークしトータル28アンダーで逃げ切り。2018年「LPGAメディヒール選手権」以来のツアー16勝目を挙げた。

7打差の2位にインビー・パーク、キム・セヨン(ともに韓国)、ネリー・コルダ(米国)、レオナ・マグワイア(アイルランド)が入った。

3位からスタートした笹生優花は5バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「70」で回り、トータル19アンダーでジェニー・シン(韓国)、シュ・ウェイリン(台湾)、サラ・シュメルツェル(米国)らとともに6位タイ。

渋野日向子は6バーディ・4ボギーの「70」で回り、2つ伸ばしトータル13アンダーの33位タイ。畑岡奈紗はこの日イーブンパーでトータル5アンダーの71位タイで4日間を終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・“缶づめ生活”はちょっと不安だけど… 渋野日向子アジア連戦へ気合「初日から“いけいけゴーゴー!”」
・「気持ち的には“イラッ”…でも大人になってる」 渋野日向子の反省と収穫

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング