ロッテ選手権

米国女子

風のなかの“パーオン100%”に渋野日向子ニンマリ ビッグドライブにも驚き「今年1番」

渋野日向子、初日4アンダー好発進 “今年イチ”のビッグドライブも生まれた ロッテ選手権(2021年)(初日) 写真・村上航
渋野日向子、初日4アンダー好発進 “今年イチ”のビッグドライブも生まれた ロッテ選手権(2021年)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 笹生 優花 -8 -8
1T ブリタニー オルトマーレ -8 -8
3T アリー ユーイング -7 -7
3T ユ・ソヨン -7 -7
3T ネリー・コルダ -7 -7
6 ステーシー・ルイス -6 -6
7T シュ・ウェイリン -5 -5
7T イ・ミヒャン -5 -5
7T キム・セヨン -5 -5
7T @ローズ チャン -5 -5
<ロッテ選手権 初日◇14日◇カポレイGC(米ハワイ州)◇6563ヤード・パー72>

渋野日向子が海外転戦2試合目で、4アンダー・14位タイと上々の滑り出し。中盤に4つのバーディを固め、さらにボギーはなし。特にショットが冴え、本人も「久しぶりに納得のいく、すごくうれしい内容のゴルフができた」と大満足。2日目以降も楽しみなラウンドとなった。

午後組でコースコンディションも厳しさを増すなかスタートすると、序盤はパー行進。だが7番パー5で、「狙い通り。一番うれしい」というバーディが生まれた。フェアウェイから残り63ヤードの3打目を58度のウェッジで30センチにピタリ。「理想のバーディ」で、一気にエンジンがかかった。

9番パー4で3メートルのチャンスを沈めスコアを伸ばすと、10番パー4では「池に入ったかなと思った」とティショットが乱れたが、これが左バンカーながら池ポチャを回避。さらに2打目を4メートルに寄せて1パットの「ラッキーバーディ」とした。11番でも2.5メートルを決めて3連続。自然と笑みもこぼれてくる。

そんな充実の1日のなかで、特に評価したのが全18ホールでパーオンに成功したこと。この日もハワイ特有の風が吹いたが、そのコースでの達成とあって喜びはひとしおだ。「長い目で見てパーオン率は上げたいと思っているので、すごくよかった。最後までキャディさんには言わなかった。緊張しちゃうので(笑)」。今年取り組むスイング改造をするうえで、パーオン率に注目し「18分の18(で成功)」へのこだわりを渡米前に話していたが、それを米ツアーで達成した。

さらに通常390ヤードに設定される最終18番のティショットでは、「残りが106ヤードで、いつもより30ヤードくらいは飛んでた。今年1番。なんなら去年はあんな当たりがなかった」と手応えは十分。「射程圏内(トップとは4打差)だし、自分のやるべきことをやって、良い結果を出したい」。松山英樹のマスターズ優勝で盛り上がる日本列島に、ハワイからも吉報を届けたい。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・渋野日向子ハワイで笑顔の1日に 日本勢3連勝は「笹生優花に任せます(笑)」??
・日本勢Vラッシュ継続へ笹生優花が「64」 松山英樹マスターズ制覇に感激!衝撃を受けた一打は…
・畑岡奈紗は“久々”アンダーパー発進 松山英樹Vに刺激「日本人でもできると証明してくれた」

●アマゾン




●楽天


このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング