ゲインブリッジLPGA

米国女子

畑岡奈紗は“ダフり気味”ショットの修正に「トップの位置を意識しています」

今週はダフり気味のショットに悩まされている ゲインブリッジLPGA(2021)(3日目) 写真・Getty Images
今週はダフり気味のショットに悩まされている ゲインブリッジLPGA(2021)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ネリー・コルダ -4 -13
2 Patty Tavatanakit -6 -12
3T Angel Yin -7 -10
3T コ・ジンヨン -6 -10
3T リディア・コ E -10
6T レクシー・トンプソン -4 -9
6T シェラ・チョイ -3 -9
8T ブルック・ヘンダーソン -4 -8
8T マリサ・スティーン -4 -8
8T チョン・インジ -1 -8
<ゲインブリッジLPGA 3日目◇27日◇レイク・ノナ・ゴルフ&カントリークラブ(米フロリダ州)◇6701ヤード・パー72>

初日は2アンダーの「70」、2日目はイーブンパーの「72」。ムービングデーに伸ばしていきたい畑岡奈紗だったが、3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの「74」とスコアを2つ落とし、トータルイーブン・49位タイに後退した。

「練習場では良い感覚をつかんでいても、コースではうまくできない」と、予選ラウンドからアイアンショットの不調に悩まされている。グリーンを外してもなんとかショートゲームでスコアを作ってきたが、この日は「2メートルくらいのパットがまったく決まらなかったので、リズムを作れなかったと思います」と、出だしの1番では1.5メートル、3番でも1.5メートルのパーパットを決めきることができなかった。

ただ、畑岡のパッティングの調子がそこまで悪いわけではない。会場のレイク・ノナG&CCのグリーンのきつい芝目と複雑なアンジュレーションには、多くの選手が苦労している。「芝目と傾斜の両方を考えないといけないので、その辺が少し読みが違っている部分なのかなと思います」。下り傾斜でも、芝が逆目だとブレーキがかかったように、ボールが止まってしまう。同様にラインを読み間違えば、2メートルほどカップを外れることも。1メートルのショートパットでもかなり神経をすり減らされる。

そして畑岡が課題としているアイアンショットでは、右に出るミスが目立つ。プレー中には、何度かトップの位置を確認する仕草が見られた。「トップの位置が低くなってきて、ヘッドがシャロー(鈍角)に下りてくると、手前からダフり気味になる。フェースが開いて右に飛んでいくことも多い。いい位置から下ろしてこられるように、トップの位置を意識しています」。地面の上のボールを打つアイアンは、ヘッドを鋭角に下ろしていきたいところだが、畑岡のイメージよりも浅い角度で入ってきているようだ。

前半で1バーディ・3ボギーとスコアを2つ落として迎えた10番ホールでは、セカンドショットを右に押し出し、グリーン右サイドの深いラフへ。3打目のアプローチは、強く入りすぎてグリーンオーバー。4打目のアプローチを2メートルショートしてダブルボギーとしてしまった。この時点でスコアをトータル2オーバーまで落とす。

しかし、そこからズルズルといかないのが日本のエースの強み。続く11番パー5では、3打目を3メートルにつけて、すぐさま1つ獲り返すと、17番では15メートルのフックラインをカップの奥にぶつけてバーディ。トータルイーブンパーまでカムバックしてきた。「少し強めにいったんですけど、そのぶん最後は切れずにそのまま入ってくれました」と、畑岡は会心のロングパットを振り返る。

トップを走るネリー・コルダ(米国)はトータル13アンダーで、畑岡の優勝の可能性はほぼなくなってしまったが、ツアーはまだ始まったばかり。長いシーズンを考えれば、米女子ツアー参戦5年目を迎える畑岡に焦りはない。「きょうはオーバーパーだったので、まずはきょうのぶんを取り返せるように、アンダーで終われるように頑張りたいと思います」。あすの最終日に向けて淡々と話す。着実に一歩ずつ、自分の目指すゴルフに近づけていく。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ