AIG女子オープン

米国女子

全英で新たなシンデレラ誕生!世界304位が初V 上田桃子はキャリアハイの6位フィニッシュ

優勝したソフィア・ポポフ AIG女子オープン(2020)(最終日) 写真・GettyImages
優勝したソフィア・ポポフ AIG女子オープン(2020)(最終日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

<AIG女子オープン 最終日◇23日◇ロイヤル・トゥルーンGC(スコットランド)◇6649ヤード・パー71>

今季最初の海外メジャー「AIG女子オープン」は全日程が終了。ツアー未勝利で世界ランク304位の27歳ソフィア・ポポフ(ドイツ)がトータル7アンダーまで伸ばし、海外メジャーでうれしい初優勝を手にした。

ポポフは下部ツアーが主戦場。昨年優勝した渋野日向子が世界ランク46位と、昨年以上ともいえるシンデレラストーリーで栄冠を手にした。ドイツ人女性としては初のメジャー制覇となる。

2打差の2位にはジャスミン・スワンナプーラ(タイ)、4打差の3位にはミンジー・リー(オーストラリア)。トータル1アンダーの4位にはインビー・パーク(韓国)が入った。

3日目に52位から19位と急上昇を果たした上田桃子は、この日も4バーディ・ノーボギーと4つ伸ばし、メジャーでのキャリアハイとなるトータル1オーバー・6位と日本勢最高位でフィニッシュ。その他の日本勢は野村敏京はトータル6オーバーで22位タイ。畑岡奈紗は「72」と最終日も伸ばせずトータル14オーバーと伸ばせず64位タイで4日間の戦いを終えた。

なお、渋野をはじめ、河本結、勝みなみ、稲見萌寧の4人は予選落ちを喫している。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・上田桃子がキャリアハイの6位 コロナ禍での出場に「正解は分からない中で、自分自身は良かった」
・畑岡奈紗はアンダーパーのない4日間に「すごく悔しい」 次戦は米初優勝大会
・引きずった3日目のロスト 野村敏京は最後までグリーン上で苦戦

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ