マラソンクラシック

米国女子

河本結が上々発進 体に違和感も、少ないチャンスものにし「すごい成長」

河本結は「68」発進 不安を抱えつつも手ごたえも口にした マラソンクラシック(2020)(初日) 写真・GettyImages
河本結は「68」発進 不安を抱えつつも手ごたえも口にした マラソンクラシック(2020)(初日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T リディア・コ -7 -7
1T ダニエル・カン -7 -7
3 メガン カン -6 -6
4T アリー マクドナルド -5 -5
4T ジェニー・シン -5 -5
4T エンジェル イン -5 -5
4T ソフィア・ポポフ -5 -5
8T ネリー・コルダ -4 -4
8T ジョディ・イワートシャドフ -4 -4
8T マリア ファシ -4 -4
<マラソン・クラシック 初日◇6日◇ハイランド・メドーズGC(オハイオ州)◇6555ヤード・パー71>

先週の「LPGAドライブ・オン選手権」で4位に入り、勢いに乗る河本結。ツアー再開2戦目の初日も3バーディの「68」と好調をキープし、首位と4打差の16位タイと上々の滑り出しを見せた。

好調を感じていた河本は、前半2番で幸先良くバーディ。その後は6番でも「ティショットをうまく打てて、バーディパットもすごく切れるラインでしたが、うまく沈めることができました」とスコアを伸ばし、ボギーなしの2アンダーでハーフターンした。

先週は難コースで全体的にスコアが伸び悩むなかでの4位。今週はバーディ合戦必至のコースで、「集中力が散漫になりやすいけど、キャディさんが自分のショットに集中するよう毎ホールアドバイスをくれたので」と気持ち悪さが残るなかでも崩れることなく、上位進出が見える位置に踏みとどまった。

調子と結果が結びつかないなか「なんでだろう?」という気持ちを感じながらのラウンドでも、最後は気持ちよくバーディ締め。「しっかり調整して、明日はいい流れを」と気持ちも前向きだ。前日に続きこの日もツアー帯同のトレーナーのところに向かいケア。回復の兆しも見えてきた。不安を一つずつ取り除き、まずは予選を好位置で通過し今週も優勝争いに絡みたい。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

目標スコアは4日間で『20アンダー』に設定。さらに伸ばしたい後半だったが、ここからガマンのゴルフが続く。「調子は良かったのですが、コースに行くといいアドレスができない。そこは調整不足だなと思います」。感触は悪くないものの、結果に結びつかないもどかしさを感じながらのラウンドとなった。

そのもどかしさの一因は、右鎖骨と右肩に感じる痛み。「ケア不足というのもあるかもしれない」と、思わぬ違和感に悩まされることになったが、それでも3アンダーにまとめホッと一息。「少ないチャンスをものにできた。ミスショットしたところでもパーを拾うというゴルフができたので、すごい成長だなと感じています」。最低限の結果に及第点をつけた。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ