KPMG全米女子プロゴルフ選手権

米国女子

畑岡奈紗は「64」の猛追も届かず3位T キム・セヨンがメジャー初V、渋野日向子は58位T

キム・セヨンがメジャー初V KPMG全米女子プロゴルフ選手権(2020)(最終日) 写真・Yasuhiro JJ Tanabe
キム・セヨンがメジャー初V KPMG全米女子プロゴルフ選手権(2020)(最終日) 写真・Yasuhiro JJ Tanabe

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・セヨン -7 -14
2 Inbee Park -5 -9
3T カルロタ・シガンダ -5 -7
3T 畑岡 奈紗 -6 -7
5 アンナ・ノルドクビスト +1 -4
6 ブルック・ヘンダーソン +2 -3
7T チャーリー・ハル -1 -1
7T Jennifer Kupcho +1 -1
9T ブリタニー・リンシカム -1 E
9T Gaby Lopez +2 E
<KPMG全米女子プロゴルフ選手権 最終日◇11日◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577ヤード・パー70>

「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」最終日。10位から逆転優勝を狙った畑岡奈紗は「64」と猛チャージを見せたが優勝には届かず。トータル7アンダーの3位タイで今季3試合目のメジャーを終えた。

優勝したのはこの日「63」を叩き出してトータル14アンダーまで伸ばしたキム・セヨン(韓国)。トータル9アンダーの2位にインビー・パーク(韓国)、畑岡と並ぶ3位タイにカルロタ・シガンダ(スペイン)が入った。

日本勢は河本結は2バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの「73」と3つ落としてトータル9オーバーの48位タイ。渋野日向子は3バーディ・3ボギーの「70」とパープレーでトータル11オーバー・58位タイ。野村敏京は2バーディ・8ボギー・2ダブルボギーと最後まで苦しみトータル18オーバーの73位タイで4日間を終えている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・メジャー覇者の肩書は「捨てていい」 渋野日向子が海外遠征で感じた“強さ”への渇望
・日本に帰ってまずやりたいことは?「お母さんのご飯をすごく食べたい」【渋野日向子一問一答】
・猛追及ばず3位フィニッシュ「自分が今できるすべてをやりきった」【畑岡奈紗一問一答】
・渋野日向子は海外ツアーを経験してどう変わったのか? 青木翔コーチに聞いてみた
・長かった海外転戦で失った自信 河本結は母国で“らしさ”を取り戻す
・米ツアー勝利数で韓国勢歴代3位タイに並んだキム・セヨン プレッシャーで目覚ましセット間違い乗り越え歓喜

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ