KPMG全米女子プロゴルフ選手権

米国女子

畑岡奈紗は6差10位、渋野日向子はスタートの「8」響き最下位73位T 単独首位にキム・セヨン

畑岡奈紗がついにトップ10に入ってきた KPMG全米女子プロゴルフ選手権(2020)(3日目) 写真・Getty Images
畑岡奈紗がついにトップ10に入ってきた KPMG全米女子プロゴルフ選手権(2020)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・セヨン -3 -7
2T ブルック・ヘンダーソン -5 -5
2T アンナ・ノルドクビスト -2 -5
4 インビー・パーク -4 -4
5 Bianca Pagdanganan -5 -3
6T ミナ・ハリガエ -4 -2
6T Gaby Lopez -2 -2
6T Jennifer Kupcho +1 -2
6T カルロタ・シガンダ +1 -2
10 畑岡 奈紗 -2 -1
<KPMG全米女子プロゴルフ選手権 3日目◇10日◇アロニミンクGC(ペンシルベニア州)◇6577ヤード・パー70>

海外女子メジャーの「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」は3日目が終了。日本期待の畑岡奈紗が3バーディ・1ボギーの「68」で回り、トータル1アンダーでホールアウト。首位と6打差の10位で最終日に向かう。

渋野日向子は出だしホールのダブルパーが響き、1バーディ・3ボギー・1クワドラプルボギーの「76」。トータル11オーバー・73位タイの最下位となっている。

河本結はグリーン上で苦しみ1バーディ・5ボギーの「74」でトータル6オーバー・44位タイ。野村敏京はトータル8オーバー・55位タイで3日目を終えた。

トータル7アンダーの単独首位にキム・セヨン(韓国)。アンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)が2打差の2位タイ。トータル4アンダーの4位にインビー・パーク(韓国)。トータル3アンダーの5位にビアンカ・パグダンカナン(フィリピン)が続く。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・渋野日向子を狂わせたダブルパー「悔しいです、めっちゃ悔しいです」
・最終日の不思議 最下位の渋野日向子組がトップ3人の“最終組”の後ろからスタート?
・ダブルパーで最下位転落も… 3日間の収穫はたっぷり「飛距離以外のことで何打も縮められる」【渋野日向子一問一答】
・闘志無き18ホール 河本結は精神面に課題「自分のゴルフを思い出せないくらい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ