全米女子オープン

米国女子

渋野日向子、4位敗戦に悔しさ 「これが今の実力と受け止めるしかない」【一問一答】

渋野日向子がラウンド後に心境を語った 全米女子オープン(2020)(最終日) 写真・GettyImages
渋野日向子がラウンド後に心境を語った 全米女子オープン(2020)(最終日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム イェリム -4 -3
2T エイミー オルソン +1 -2
2T コ・ジンヨン -3 -2
4 渋野 日向子 +3 -1
5 メガン カン +1 +1
6T モリヤ・ジュタヌガーン +3 +2
6T イ・ジョンウン6 E +2
6T インビー・パーク -3 +2
9T @ケイトリン パップ +3 +3
9T アリヤ・ジュタヌガーン +2 +3
メジャー2勝目に向け、トップからスタートした渋野日向子だったが、最終ラウンドで逆転を許しトータル1アンダーの4位に終わった。ラウンド後には悔しさを押し殺しながら、その心境を語った。時に言葉を詰まらせながらのインタビューの内容をお届けする。以下、一問一答。

―今の気持ちは
悔しいです。めっちゃ悔しいけど、これが今の実力と受け止めるしかない。自分らしいゴルフがなかなかできなかった。頑張って体を動かそうと思ったけどこの寒さで動かすことができず、ショットもグリーンに乗らない。耐えられるところは耐えたけど、そういうゴルフでは通用しないと思った

―2番で2打目を木に当ててしまうトラブル
あそこは選択ミスというか、しっかり打てなかったこと、クラブ選択も曖昧にしてしまったところだったので悔いが残る。それでも最低限ボギーでおさめられたので、そこは良かった

―13番で初バーディ。しかしその後伸ばせなかった
13番は、ここを決めないと流れが変わらないと思いました。ここで獲るしかないという場面で獲ることができてよかった。(3.5メートルのバーディパットを外した)16番が一番悔いが残る。いいところに打てたかなとは思ったけど、読みよりも切れなかった。打ち出したいところには打てました

―最後はバーディ締め。やっぱり“もってる”
もってたら優勝してると思います。でも最後はいい締めができたし、だからこそ悔いはない

―米ツアーへの意気込み
2カ月前に転戦して、前よりも『アメリカでやりたい』と思えた。そして今回戦ったことで、その時よりもさらに強く思った。この悔しい気持ちはアメリカツアーでしか晴らせない。またここで絶対に戦いたいです

―大会を通じて得られたもの
今年1年を考えるとよく頑張ったかなと思いますが、初日、2日目のゴルフが良すぎたというか自分でも「なんでこんなに入るんだろう」、「なんでこんなに乗るんだろう」という感じでした。3日目、4日目のゴルフが今の自分だと痛感します。でもアプローチ、パーパットを打つときの心境の変化は感じた。この4日間、ダブルボギーを打たなかったことは成長

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・“意地のバーディ締め”も渋野日向子はメジャー2勝目ならず 「この悔しさは米ツアーでしか晴らせない」
・優勝できた全英と勝てなかった全米 渋野日向子が感じた差はどこにある?
・優勝争いをしたからこそ気づけた 渋野日向子が米ツアーで勝つために挙げた“課題”
・全米女子OPで躍進の日本勢 トップ15に4人は史上初
・キム・イェリムが全米女子OP初出場でV ラウンド中にマスクを外さなかったわけ
・河本結は“1億5000万円”かかる最終戦出場困難に 来年リベンジへ「米国で私は戦いたい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ