ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン

米国女子

原英莉花が日本勢最上位で決勝進出! 笹生優花は土壇場バーディで滑り込み、河本結は起死回生イーグルも1打に泣く

5バーディを奪い予選通過を決めた原英莉花 ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン(2020)(2日目) 写真・大会事務局
5バーディを奪い予選通過を決めた原英莉花 ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン(2020)(2日目) 写真・大会事務局

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T インビー・パーク -4 -10
1T ジョディ・イワートシャドフ -3 -10
3 Jillian Hollis -4 -9
4T Ayean Cho -4 -8
4T マリナ・アレックス -3 -8
6 Celine Boutier -4 -7
6 Madelene Sagstrom -3 -7
8T Maria Fassi -6 -6
8T Yu Liu -6 -6
8T イ・ミヒャン -4 -6
<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇14日◇ロイヤルアデレードGC(オーストラリア)◇6689ヤード・パー73>

米国女子ツアー「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」は予選ラウンドが終了。初日に1オーバー・90位タイと出遅れた原英莉花だったが、2日目は5バーディ・1ボギーの「69」と猛チャージ。トータル3アンダーまで伸ばして41位タイと日本勢最上位で予選ラウンドを突破した。

日本勢2番手はトータル1アンダー・60位タイの上原彩子。笹生優花は最終18番でバーディを奪いカットラインギリギリのトータルイーブンパー・68位タイで決勝進出を決めた。

河本結はカットライン上でのプレーが続いていたが16番でダブルボギー。万事休すかと思われたが、続く17番でイーグルを奪取。予選突破まであと1打まで来たが18番でバーディを奪えず。1打足らず82位タイで予選カットとなった。

その他、今大会がプロデビュー戦の吉田優利はトータル2オーバー・90位タイ、横峯さくらはトータル4オーバーの107位タイ。野村敏京はトータル8オーバーの134位、山口すず夏はトータル22オーバーの144位でそれぞれ予選落ちとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「夢と現実の違い」ダブルボギーからのイーグル奪取も… 河本結は2戦連続予選落ち
・「プロとして稼がないといけないけど…いい勉強に」 吉田優利がデビュー戦で感じた“課題”

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ