ダウグレートレイクスベイ招待

米国女子

フォーサムで「63」の猛チャージ C・クラントン、T・スワナプーラ組が首位浮上!

首位に躍り出たC・クラントン、T・スワナプーラ組 ダウグレートレイクスベイ招待(2019)(3日目) 写真・Getty Images
首位に躍り出たC・クラントン、T・スワナプーラ組 ダウグレートレイクスベイ招待(2019)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 シドニー・クラントン&シダパ・スワナプーラ -7 -16
2 チェ・ナヨン&ジェニー・シン -3 -11
2 アリヤ・ジュタヌガーン&モリヤ・ジュタヌガーン -6 -11
2 ポーラ・クリーマー&モーガン・プレッセル -1 -11
2 フォン・スーミン&リュウ・ルイシン -3 -11
6 アレイナ・シャープ&ブルック・ヘンダーソン -1 -10
6 チ・ウンヒ&キム・ヒョージュ -2 -10
6 リディア・コ&チョン・インジ -2 -10
6 カリン・イシェール&セリーヌ・ビュティエ E -10
6 チェン・ペイユン&ティファニー・チャン -1 -10
<ダウグレートレイクスベイ招待 3日目◇19日◇ミッドランドCC(ミシガン州)◇6599ヤード・パー72>

今年から始まった米国女子ツアー唯一のペア戦はムービングデーに突入。シドニー・クラントン(米国)とシダパ・スワナプーラ(タイ)が、フォーサム(1つの球を2人が交互に打つ)形式で行われた3日目に「63」を叩きだしてトータル16アンダーまで伸ばし、2位に5打差をつけてトップを快走している。

5打差の2位タイには、アリヤ&モリヤのジュタヌガーン姉妹(タイ)、ポーラ・クリーマーとモーガン・プレッセル組(ともに米国)ら4組。トータル10アンダーの6位タイにはブルック・ヘンダーソン&アレーナ・シャープ組(ともにカナダ)、チョン・インジ(韓国)&リディア・コ(ニュージーランド)組らがつけている。

なお、日本勢で唯一出場した畑岡奈紗&山口すず夏組は予選落ちを喫している。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ