ダウグレートレイクスベイ招待

米国女子

畑岡奈紗&山口すず夏ペアは予選R敗退 首位にクリーマー&プレッセルら3ペア

首位タイのポーラ・クリーマー&モーガン・プレッセル組 ダウグレートレイクスベイ招待(2019)(初日) 写真・Getty Images
首位タイのポーラ・クリーマー&モーガン・プレッセル組 ダウグレートレイクスベイ招待(2019)(初日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 モーガン・プレッセル&ポーラ・クリーマー -6 -10
1 セリーヌ・ビュティエ&カリン・イシェール -8 -10
1 ジュリア・モリナロ&ステファニー・メドウ -9 -10
4 アレイナ・シャープ&ブルック・ヘンダーソン -4 -9
4 シダパ・スワナプーラ&シドニー・クラントン -6 -9
4 梁熙英&リー・ミリム -6 -9
4 パナラト・タナポルボーニャラス&パジャレー・アナナルカルン -7 -9
4 クリス・タムリス&キム・カウフマン -8 -9
4 ティファニー・チャン&チェン・ペイユン -8 -9
10 ジェニー・シン&チェ・ナヨン -6 -8
<ドウ・グレート・レイクス・ベイ招待 2日目◇18日◇ミッドランドCC(ミシガン州)◇6599ヤード・パー72>

今年から始まった米国女子ツアー唯一のペア戦2日目。2人がそれぞれプレーし、いいほうのスコアを採用するフォーボール形式で行われ、全71ペア中、39ペアが残り2日間の決勝ラウンドに進んだ。

トータル10アンダーで2日目に首位に立ったのは、この日6アンダーをマークしたポーラ・クリーマー&モーガン・プレッセル組(ともに米国)、ステファニー・メドウ(北アイルランド)&ジュリア・モリナロ(イタリア)組、セリーヌ・ビュティエ&カリン・イシェール組(ともにフランス)の3組。

トータル9アンダーの4位タイに初日首位発進を決めたブルック・ヘンダーソン&アレーナ・シャープ組(ともにカナダ)ら6ペア。トータル8アンダーの10位タイにチョン・インジ(韓国)&リディア・コ(ニュージーランド)組らがつける。

日本勢で唯一出場の畑岡奈紗&山口すず夏組は、9オーバーの最下位からスコアを6つ伸ばしたが、トータル3オーバーで予選落ち。ジェシカ&ネリーのコルダ姉妹(米国)、アリヤ&モリヤのジュタヌガーン姉妹(タイ)はともにトータル5アンダーの23位タイとなっている。

なお、3日目はフォーサム(1つの球を2人が交互に打つ)形式、最終日がフォーボール(2人がそれぞれの球をプレーし、どちらかいいほうのスコアを採用)形式で行われ、優勝ペアには、ポイントレースのポイントや2年のシード、メジャー大会への出場権などが与えられるが、世界ランキング算出からは対象外となっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ