ウォルマートNWアーカンソー選手権 Presented by P&G

米国女子

連覇へ好発進! 快調なラウンドを終えた畑岡奈紗「ピンをどんどんデッドに攻めたい」

畑岡奈紗、大会連覇へ快調な滑り出しを見せた ウォルマートNWアーカンソー選手権 Presented by P&G(2019)(初日) 写真・Getty Images
畑岡奈紗、大会連覇へ快調な滑り出しを見せた ウォルマートNWアーカンソー選手権 Presented by P&G(2019)(初日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 インビー・パーク -9 -9
2T Sherman Santiwiwatthanaphong -8 -8
2T カルロタ・シガンダ -8 -8
2T ポーラ・クリーマー -8 -8
5T アリヤ・ジュタヌガーン -7 -7
5T Annie Park -7 -7
5T Maria Torres -7 -7
8T 畑岡 奈紗 -6 -6
8T コ・ジンヨン -6 -6
8T マリナ・アレックス -6 -6
<ウォルマートNWアーカンソー選手権 Presented by P&G 初日◇28日◇ピナクルCC(アーカンソー州)◇6331ヤード・パー71>

昨年米国ツアー初優勝を挙げた地で、再び好発進だ! 大会連覇を目指す畑岡奈紗が、8バーディ・2ボギーの好ラウンドで6アンダーの8位タイ発進。ホールアウト後には「ショットもパットもそこそこな状態でのスタートにもかかわらず、すごく集中出来て、バーディもたくさん獲れた。いいラウンドだったと思う」と満足な表情を見せた。

1番でフェアウェイから1.5mにつけると、これを沈めてバーディ発進。そこからも好ショット連発で、上位に名を連ねた。昨年大会初日の「64」には届かなかったものの、「100ヤード以内からつけていかないと、このコースはチャンスが作れないけど、その中でしっかりつけれらてよかった」と、プレーには大きな手ごたえを得た。

「全米女子オープン」こそ予選落ちを喫したものの、その前後に出場した試合はともに2位フィニッシュ。先週の「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」も14位タイと、今季2勝目への期待も高まる。

「パットに関しては、しっかり打てていて転がりもいい。あとはショットの距離感が戻って来ましたが、まだブレがありますね」とここを修正ポイントとする。「グリーンが軟らかいので、ピンをどんどんデッドに攻めて、たくさんチャンスを作りたい」。“思い出の地”で明日も一つでも多くのバーディを積み重ねる。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ