KPMG全米女子プロゴルフ選手権

米国女子

畑岡奈紗が最終日に圧巻の巻き返し 「やっと自分らしいゴルフができた」

畑岡奈紗が最終日「65」で14位タイ KPMG全米女子プロゴルフ選手権(2019)(最終日) 写真・Getty Images
畑岡奈紗が最終日「65」で14位タイ KPMG全米女子プロゴルフ選手権(2019)(最終日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Hannah Green E -9
2 パク・ソンヒョン -4 -8
3T メリッサ・リード -6 -6
3T Nelly Korda -1 -6
5T ダニエル・カン -2 -5
5T リセット・サラス E -5
7T イ・ミリム -3 -4
7T キム・ヒョージュ -2 -4
7T インビー・パーク -1 -4
10T ユ・ソヨン -4 -3
<KPMG全米女子プロゴルフ選手権 最終日◇23日◇ヘイゼルティン・ナショナルGC(米国ミネソタ州)◇6741ヤード・パー72>

3日目を終えてトータル5オーバーの54位タイと調子が振るわなかった畑岡奈紗だが、最終日に7バーディ・ノーボギーの猛チャージ。この日のベストスコアとなる「65」をマークして、トータル2アンダー14位タイに大きく順位を上げて、今季海外女子メジャー3戦目を終えた。

ここまでアイアンの距離感が合わずにパーオン率が振るわなかったが、この日は18ホール中14ホールと復調。「すごくタフなコンディションで、最初の3日は自分のゴルフができなくて結構ストレスがあった。やっと自分らしいゴルフができてよかったです」と次戦に向けていい終わり方ができた。

来週は、ディフェンディングチャンピオンとして臨む「ウォルマートNWアーカンソー選手権」。来月にはメジャー4戦目の「エビアン選手権」が待っている。

エビアン選手権までは、7月11日開幕の「マラソン・クラシック」を休んで翌週のチーム戦「ドウ・グレート・レイクス・ベイ招待」に出場してからエビアン選手権となる。「エビアンのコースも結構難しい。メジャーも続くので、しっかりピークを合わせていけるように頑張りたい」と照準を合わせて調整を重ねていく。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ