全米女子オープン

米国女子

比嘉真美子は1打差で踏ん張り 約6時間のラウンドに「タンクが…」

タンクが空になりそう…さすがの比嘉もお疲れ気味 全米女子オープン(2019)(3日目) 写真・パーゴルフ
タンクが空になりそう…さすがの比嘉もお疲れ気味 全米女子オープン(2019)(3日目) 写真・パーゴルフ

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Yu Liu -5 -7
1 Celine Boutier -2 -7
3T ジェイ・マリー・グリーン -3 -6
3T レクシー・トンプソン -3 -6
3T 比嘉 真美子 E -6
6 Jeongeun Lee6 -2 -5
7T Gaby Lopez -4 -4
7T ジェシカ・コルダ +1 -4
9T Nanna Koerstz Madsen -5 -3
9T ミンジー・リー -1 -3
<全米女子オープン 3日目◇1日◇CCオブ・チャールストン(米国サウスカロライナ州)◇6515ヤード・パー71>

前半の4番、5番での連続バーディで勢いに乗るかと思われたが、その後は一向にチャンスが来ない。首位スタートの比嘉真美子は、この日は苦戦のイーブンパー。3バーディ・3ボギーでトータル6アンダーをキープしたものの、首位の座を明け渡し、1打差の3位タイに後退した。

順延となっていた第2ラウンドが行われ、比嘉がスタートしたのは午後1時40分。毎ホール待たされる状態に、スコアも伸びず「かなりウェイティングが長かったので、すごく時間が長く感じました」と、ホールアウト後はぐったりの様子。優勝争いのまっただ中でのプレーもあって、疲労困憊(こんぱい)の様子だ。

「正直いうと、集中力が薄れていたかもしれない…」と、12番ではフェアウェイの絶好のポジションから奥のピン位置に対して奥のバンカー。ボギーをたたき、一時は5アンダーまで後退し首位とは3打差がついた。それを救ったのが、14番のバーディ。「ありがとうございましたという感じ。元気が出ました」と盛り返し、終盤は惜しいチャンスもありながら、優勝戦線に踏みとどまった。

「あしたに向けては、疲労をとって、たくさんご飯を食べて、また自分の体のタンクを100%に近い状態に戻せるように準備して、明日のティグラウンドに立てるように準備していきたいと思います」と、ホールアウト後は「タンクは3くらい…」と、すぐにコースをあとにした。あすのスタート時間は午後1時58分。まだまだ長い戦いは続くため、心身の疲労回復に努める。

「あまり自分に期待しすぎないところが、うまいこといってるんじゃないかなと思います」と、あくまでも欲を出さずにプレー。決して『優勝』のふた文字を口にすることがない比嘉だが、ここまで来たら、樋口久子が「全米女子プロゴルフ選手権」に勝利した1977年以来の、日本人女子による海外メジャー制覇を期待せずにはいられない。(文・高桑均)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・日本勢6人が決勝進出!比嘉真美子に続き、鈴木愛が「68」で上位浮上【3日目コメント集】
・試合直前、火曜の決断 レクシー・トンプソンは流行りのクローで開眼
・どん底からはい上がり エリート・比嘉真美子の強さの秘密は“感謝”と“粘り”【記者の目】

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ