全米女子オープン

米国女子

比嘉真美子は首位と1打差3位T 鈴木愛が「68」で12位T浮上

比嘉真美子はメジャー制覇なるか 全米女子オープン(2019)(3日目) 写真・パーゴルフ
比嘉真美子はメジャー制覇なるか 全米女子オープン(2019)(3日目) 写真・パーゴルフ

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Yu Liu -5 -7
1 Celine Boutier -2 -7
3T ジェイ・マリー・グリーン -3 -6
3T レクシー・トンプソン -3 -6
3T 比嘉 真美子 E -6
6 Jeongeun Lee6 -2 -5
7T Gaby Lopez -4 -4
7T ジェシカ・コルダ +1 -4
9T Nanna Koerstz Madsen -5 -3
9T ミンジー・リー -1 -3
<全米女子オープン 3日目◇1日◇CCオブ・チャールストン(米国サウスカロライナ州)◇6515ヤード・パー71>

「全米女子オープン」の第3ラウンドが終了。第2ラウンドを終えて単独首位に立った比嘉真美子は首位と1打差の3位タイとなった。

比嘉は前半でスコアを1つ伸ばし、トップタイで折り返し。後半では12番までにスコアを2つ落としたが、14番でバーディ奪取。首位と1打差で迎えた最終18番パー4では、セカンドショットをピン左約12mに乗せるとこれを1m弱に寄せてパーでフィニッシュ。3バーディ・ボギーの「71」、トータル6アンダー3位タイで最終日を迎える。

トータル7アンダー首位タイにはウ・リュ(中国)とセリーヌ・ブティエ(フランス)、首位と1打差3位タイには比嘉、レクシー・トンプソンとジェイ・マリー・グリーン(ともに米国)が続いた。

日本勢では、鈴木愛が「68」をマークしてトータル2アンダー12位タイ、新垣比菜と勝みなみがともにトータル1オーバー27位タイ、成田美寿々がトータル5オーバー55位タイ、岡山絵里がトータル8オーバー67位タイとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・日本勢6人が決勝進出!比嘉真美子に続き、鈴木愛が「68」で上位浮上【3日目コメント集】
・試合直前、火曜の決断 レクシー・トンプソンは流行りのクローで開眼
・どん底からはい上がり エリート・比嘉真美子の強さの秘密は“感謝”と“粘り”【記者の目】

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ