全米女子オープン

米国女子

順延の第2Rが終了 比嘉真美子が単独首位キープ、日本勢6人が決勝Rへ

比嘉真美子は単独首位で第3Rに進出した 全米女子オープン(2019)(2日目) 写真・パーゴルフ
比嘉真美子は単独首位で第3Rに進出した 全米女子オープン(2019)(2日目) 写真・パーゴルフ

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 比嘉 真美子 E -6
2T ジェシカ・コルダ -3 -5
2T Celine Boutier -1 -5
4 Gina Kim (a) +1 -4
5T ユ・ソヨン -3 -3
5T ジェイ・マリー・グリーン -3 -3
5T レクシー・トンプソン -2 -3
5T Jeongeun Lee6 -2 -3
5T キム・セヨン E -3
10T Angel Yin -3 -2
<全米女子オープン 3日目◇1日◇CCオブ・チャールストン(米国サウスカロライナ州)◇6515ヤード・パー71>

雷雲接近の中断の影響で日没サスペンデッドとなった「全米女子オープン」第2ラウンド。3日目の午前7時15分から再開された競技が終了した。

出場する日本勢13人は、すべて前日のうちにホールアウト。第1ラウンドを単独トップで終えていたトータル6アンダーの比嘉真美子は、首位をキープした。1打差の2位タイにはジェシカ・コルダ(米国)、セリーヌ・ビュティエ(フランス)が続いている。

比嘉を含め、日本勢は6人が予選を通過。トータルイーブンパー・23位タイに勝みなみ、トータル1オーバー・30位タイに鈴木愛、新垣比菜、トータル2オーバー・39位タイに岡山絵里、成田美寿々となっている。

一方で、横峯さくら(トータル5オーバー)、上原彩子、畑岡奈紗(ともにトータル6オーバー)、吉田優利(トータル8オーバー)、天本遥香、上野菜々子(ともにトータル11オーバー)、山口すず夏(トータル14オーバー)とカットラインを下回り予選落ちとなった。

引き続き第3ラウンドが行われる。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・国内シード組の底力 全米で比嘉真美子首位に、全員が予選通過

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ