全米女子オープン

米国女子

全米女子OPは日没サスペンデッド 比嘉真美子は再開直後の連続バーディで暫定単独首位

単独首位でホールアウトした比嘉真美子 全米女子オープン(2019)(2日目) 写真・パーゴルフ
単独首位でホールアウトした比嘉真美子 全米女子オープン(2019)(2日目) 写真・パーゴルフ

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 比嘉 真美子 E -6
2T ジェシカ・コルダ -3 -5
2T Celine Boutier -1 -5
4 Gina Kim (a) +1 -4
5T ユ・ソヨン -3 -3
5T ジェイ・マリー・グリーン -3 -3
5T レクシー・トンプソン -2 -3
5T Jeongeun Lee6 -2 -3
5T キム・セヨン E -3
10T Angel Yin -3 -2
<全米女子オープン 2日目◇31日◇CCオブ・チャールストン(米国サウスカロライナ州)◇6515ヤード・パー71>

雷雲接近のため中断があった海外女子メジャー「全米女子オープン」2日目。6アンダー首位タイから出た比嘉真美子は、同スコアのまま18ホールを終了した。その直後の現地時間午後8時24分に日没サスペンデッドに。ギリギリのホールアウトで暫定首位に立っている。

前半をパープレーで終えた比嘉だったが、折り返しての1番、2番で連続ボギー。首位から陥落してしまう。だが、中断明けとなった4番で3mのバーディパットを沈めると、続く5番でもバーディ。7番でボギーを叩いたが、9番で2.5mを沈めるバーディ締めで、頭一つ抜け出した。

同じ組で2アンダー・7位タイからスタートした成田美寿々は7番でトリプルボギーを叩くなど苦しみ、トータル2オーバー・暫定41位タイでフィニッシュ。畑岡奈紗も出だしの10番をボギーとするなど波に乗れず。トータル6オーバー・暫定93位タイとカットラインを下回りホールアウトした。

午前組はすでにホールアウトしており、勝みなみは1つ伸ばしてトータルイーブンパー・暫定23位タイ、鈴木愛と新垣比菜がトータル1オーバー・暫定33位タイ。岡山絵里はトータル2オーバーで成田と同じ暫定41位タイにつけている。

総勢13人が出場した日本勢のうち、横峯さくら、上原彩子、吉田優利、天本遥香、上野菜々子、山口すず夏はカットラインを下回りすでにホールアウト。予選落ちが濃厚となっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・比嘉真美子のメジャー戦績はトップ10か予選落ち となると今回は…
・畑岡奈紗は悔しさに無言のホールアウト メジャー制覇は次に持ち越し
・フランスに行きたい!鈴木愛は友人との約束がモチベーション
・横峯さくらはコースマネジメントに苦戦し暫定80位T「4日間プレーしたかった」【2日目コメント集】

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ