ANAインスピレーション

米国女子

畑岡奈紗、苦しいゴルフで予選落ち危機も「紙一重」 最後に見せた好判断は決勝につながるか

畑岡奈紗が18番バーディ締め 決勝ラウンドで勢いにのりたい ANAインスピレーション(2019)(2日目) 写真・岩本芳弘
畑岡奈紗が18番バーディ締め 決勝ラウンドで勢いにのりたい ANAインスピレーション(2019)(2日目) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・インキョン -7 -8
2 キャサリン・カーク -4 -5
3T コ・ジンヨン -1 -4
3T Ally McDonald E -4
5T ダニエル・カン -3 -3
5T チャーリー・ハル -3 -3
5T パク・スンヒョン -2 -3
5T ヤン・ジン -1 -3
5T レクシー・トンプソン E -3
10T Jeongeun Lee6 -1 -2
<ANAインスピレーション 2日目◇5日◇ミッションヒルズCC(米国カリフォルニア州)◇6763ヤード・パー72>

先週覇者があわや予選落ちの危機に陥った。1オーバー・42位タイから「上を見て」スタートした畑岡奈紗は、途中連続ボギーなどでカットラインが気になる位置まで落ちるも終盤カムバック。トータル1オーバーの28位タイで得意のムービングデーに向かう。

前半からガマンのゴルフを強いられた。ショットは悪くないもののパッティングが一筋ズレている。そんな中、4番ではティショットを右に曲げるミス。ショットにも不安が顔を覗かせる。結局前半9ホールはバーディを奪えず1ボギー。スコアを落として折り返すことになった。

後半の11番でこの日最初のバーディを奪ったが、13、14番と連続ボギー。いよいよ「カットラインが気になりだした」というスコアまで落ちたが、15番で残り120ヤードから3.5mにつけて2つ目のバーディを奪うと、大勢のギャラリーが集まった最終18番パー5を迎える。

2打目はエッジまで残り200ヤードと攻めていきたくなる場面で、「レイアップしてもバーディを獲れないわけじゃない」とあえて2オンは狙わず。その際「グリーンが固いので60ヤードくらいからのショットだと、スピンがかからず止められない。フルショットできる位置に置いた」と残り85ヤードの位置に刻むと、54度で3mにピタリ。渾身のバーディ締めで、決勝ラウンド行きを確実なものにした。

苦しいラウンドとなったが「いいゴルフと紙一重だった」という。「オーバーパーで2日間を終えることは想定していませんでしたが、パットが決まっていれば5アンダーくらい出てもおかしくなかった。いいリズムで回ることができれば伸ばせると思う」。わずかに決まらずギャラリーからため息がもれるシーンは、この日何度も見られた。これが歓声に変わり出せば、一気に上位が見えてくる。

「ショットもパットも悪くありません。パッティングも距離感と読みは合っていなかったですが、いい転がりでは打てていました。体調を整えて頑張っていきたい」。今大会の対策として磨いていたフェードボールに手応えを得ているのも好材料。首位に立ったキム・インキョン(韓国)はこの日「65」をマーク。バーディ締めの勢いそのままに、早い段階で“きっかけ”をつかむことができれば、出せない数字ではないはずだ。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・ベテランならではの円熟み 上原彩子は経験生かして決勝進出
・82位タイで予選落ちも…比嘉真美子は充実感ある笑顔「来週から楽しくできる」
・申ジエとキム・ハヌルがお友達 キム・インキョンが圧巻の「65」で首位に浮上

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ