キアクラシック

米国女子

逆転で米ツアー3勝目! 畑岡奈紗の最終日をプレーバック

逆転で米ツアー3勝目を挙げた畑岡奈紗 キア・クラシック(2019)(最終日) 写真・Getty Images
逆転で米ツアー3勝目を挙げた畑岡奈紗 キア・クラシック(2019)(最終日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 畑岡 奈紗 -5 -18
2T ダニエル・カン -7 -15
2T コ・ジンヨン -7 -15
2T アザハラ・ムニョス -5 -15
2T パク・ソンヒョン -4 -15
2T インビー・パーク -1 -15
7T キム・ヒョージュ -10 -14
7T シェラ・チョイ -5 -14
7T Gaby Lopez -4 -14
7T ハー・ミジョン -3 -14
<キア・クラシック 最終日◇31日◇アビアラGC(米国カリフォルニア州)◇6558ヤード・パー72>

畑岡奈紗が米国女子ツアーの「キア・クラシック」で米3勝目を達成。最終日に6バーディ・1ボギーの「67」をマークして後続に3打差をつけて勝利した。最終日のプレーを振り返る。

1番・パー4では、3番ウッドで振り抜いたセカンドショットをピン右1.2mにつけてバーディ発進。3番・パー3でも、ティショットを1mにつけてこの日2つめのバーディを奪った。このとき、インビー・パーク(韓国)が1.2mのバーディパットを外し、畑岡が単独首位に立った。

5番終了時点で前半3アンダーまで伸ばしたが、その後はチャンスにつけるもバーディパットを決められずにパーを重ねて折り返し。後半に入るとすぐイーグルチャンスが訪れた。10番・パー5でピン下1.5mに2オンすると思わず笑み。しかし、フックラインで切れて入らず、2パットのバーディとなった。

4ホール連続パーで迎えた15番・パー4では、ピン下1mにつけたバーディパットを沈めてガッツポーズを見せた。このとき、後続に3打リードしてトップを快走していたが、直後の16番・パー4でティショットを池に入れてピンチ。3打目で1mにつけたが、カップに蹴られて2パットのボギーを叩いた。

残り2ホールを残して、後続に2打のリード。17番・パー5でラフからフェアウェイウッドで振り抜いた3打目を30cmにつけてダメ押しのバーディを決めると、最終ホールは12mを2パットで沈めてパーセーブ。トータル18アンダー、日本勢では最年少となる20歳2カ月18日での米ツアー3勝目をつかみとった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・畑岡奈紗が20歳で米ツアー3勝 これまでの日本人記録を超える

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ