HSBC女子世界選手権

米国女子

パク・ソンヒョンがトータル15アンダーで通算6勝目 畑岡奈紗は19位で終え、沖縄へ

パク・ソンヒョンが逆転で通算6勝目をつかんだ HSBC女子世界選手権(2019)(最終日) 写真・Getty Images
パク・ソンヒョンが逆転で通算6勝目をつかんだ HSBC女子世界選手権(2019)(最終日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 パク・ソンヒョン -8 -15
2 ミンジー・リー -3 -13
3T コ・ジンヨン -3 -11
3T アザハラ・ムニョス -3 -11
5T キム・ヒョージュ -2 -10
5T Amy Olson -2 -10
7 チ・ウンヒ -2 -9
8T ジョディ・イワートシャドフ +1 -8
8T アリヤ・ジュタヌガーン +3 -8
10 Nelly Korda -3 -6
<HSBC女子世界選手権 最終日◇3日◇セントーサGC タンジョンC(シンガポール)◇6718ヤード・パー72>

米国女子ツアー「HSBC女子世界選手権」最終日が行われ、「64」をマークしトータル15アンダーまでスコアを伸ばしたパク・ソンヒョン(韓国)が優勝を果たした。世界ランク上位者や昨季優勝者など63名のみが出場できるエリートフィールドを、メジャー2勝を誇る実力者が制し通算6勝目をつかんだ。

2打差の2位はミンジー・リー(オーストラリア)、4打差の3位タイにアサハラ・ムノス(スペイン)、コ・ジンヨン(韓国)が続いた。以下、トータル10アンダー・5位タイにエイミー・オルソン(米国)、キム・ヒョージュ(韓国)。トップから出た世界ランク1位のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)は、トータル8アンダー・8位タイでのフィニッシュとなった。

日本勢で唯一の出場となった畑岡奈紗は、19位タイから上位進出をかけスタートしたが、3バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「72」と伸ばせず。トータル2アンダー・19位タイで4日間を終えた。次戦は日本ツアー開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」出場を予定している。

【最終成績】
優勝:パク・ソンヒョン(-15)
2位:ミンジー・リー(-13)
3位T:アサハラ・ムノス(-11)
3位T:コ・ジンヨン(-11)
5位T:エイミー・オルソン(-10)
5位T:キム・ヒョージュ(-10)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ